【超初心者編】子育て中の主婦でもできる!在宅ワークの始め方を紹介

WORK
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、齋藤ありさ(@butterflypencil)です。

今回は子育て主婦などにおすすめの在宅ワークの始め方について紹介します。

 

子どもが小さいうちは特に「働きたいけど、思うように働けない」という状況になりませんか?

主婦ママさん
主婦ママさん

家庭と仕事の両立は協力の有無に関わらず大変なのです。

時間を上手く使いつつ効率的に収入を得るためには「在宅ワーク」という働き方がかなり有利!

しかし「在宅ワークは稼げない」「難しそう」と不安を感じ、踏み切れない人も多いのでないでしょうか?

この記事では…

  • 在宅ワークはスキマ時間から始められる
  • 特技や経験不要で今からでも学べる
  • 初期費用もなく気軽な始め方
  • 自分に合ったスタイルで働くためのポイント
Arisa
Arisa

webライターとしてスタートし、在宅パラレルワーカーとして現在パート並みの収入を得ている私が解説します。

 

最後まで読んでいただけたら、在宅ワークの不安が軽減され主婦が無理なくできる仕事の始め方を知ることができます

始め方の前に在宅ワークを知ることが大切

 

働き方として在宅ワークが向いている人

在宅ワークがぴったりな人といえば、子育て中の主婦など不規則な生活環境の人や、短時間ずつのスキマ時間を活かして活動したい副業ワーカーでしょう。

 

理由としては締め切りこそありますが、仕事に取り組む時間事態に規定はなく、自由にやりくりできることにあります。

また、ジャンルにもよるものの、特別なスキルや経験がなくてもできる仕事も多く、在宅ワークを始めるにあたって学んでいくスタイルでも通用しやすいからです。

Arisa
Arisa

私は小売店や飲食店でのバイトが主な職歴。

特別なスキルや経験などはありません。

それでも今はwebライターとしてパート並みの収入を得ています。

夫は不規則な勤務形態ですし、娘が体調不良などで休園したときなど、外で仕事をしていたら対応できるかが一番心配な点でした。

しかし、家を新築しているし教育費も大きくなっていくのは見えていますので、夫の収入だけに依存して生活するのも不安がないとは言えないので、思い切って始めたのがこの仕事です。

在宅ワークで求められるもの

在宅ワークで求められるのは、「クライアントの要望に応えること」です。

 

クライアントが依頼した内容をどのように使い、何を得ようとしているかはそれぞれ違うでしょう。

目指すものは同じでも、実現の方法が違うことも珍しくありませんし、好みの問題という部分もあるので、ライティングやデザインといった仕事は明確な正解がありません。

Arisa
Arisa

私がライターとして同じ記事を実績提示した際、「これは駄作」というクライアントがいれば、「今までで一番良い」というクライアントもいるのです。

 

同じクライアントでも、条件が変われば求めるものも変わりますし、全く違う案件ならもっと差は大きくなる場合も。

 

しかし、そうしてさまざまな仕事を経験することで着実に実力はついていきますし、日々学び、挑み続けることで要望に応えるようになっていけばいいのです。

逆にいえば今、0から始めても十分に適応できるようになる可能性があるということではありませんか?

在宅ワークの始め方で有名なのはこれ

初心者の多くが仕事を得るために登録するのが「クラウドソーシングサービス」です。

クラウドソーシングとは

簡単に言えば仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人を仲介するサービスです。

 

アンケートやデータ入力などの簡単な作業から、プログラミングやデザインといった専門的なものまで幅広く募集されています。

受け取る報酬額から手数料が引かれますが先に支払いが生じることがないため、在宅ワークに自信がない状態でも抵抗が少なく始めることができます

 

簡単であるほど報酬は低い傾向がありますが、専門的な仕事に限らない幅広い内容が募集されていることで、誰でも「取り組んでみる」という最初のステップを踏みやすいでしょう。

Arisa
Arisa

主婦目線で考えると「初期費用」が必要な仕事には不安が…。

元を取るために無理するプレッシャーもありませんか?

少し表の仕事と離れていることで、働くことそのものに不安を感じる人も多いですので、簡単な作業から慣らしていける部分も魅力なのです。

Arisa
Arisa

まず実績を作るために「初心者・未経験可」の案件に応募したことが第一歩でした。

 

主婦が在宅ワークで挫折しないために

目標を明確にする

在宅ワークを成功させるためには目標が大切です。

  • 月いくら稼ぎたいのか

「月5万円稼げたらラッキー」くらいでもOK

  • どんな仕事をしたいのか

ライターならどんな分野が得意か、自分の好みや経験などから探してみましょう。

目標があればそれを達成するためにあらゆる努力をしますよね。

 

しかし、簡単な仕事になると数円単位とかなり少ないものもあるため、目標がないままだと向上心も湧かず「在宅だし仕方ない」と諦めてしまうかもしれません。

 

ただ、最初から最終目標だけを見てしまうと、逆に挫折の原因になるかもしれません。

「1の次は2で10があって100がある」とうことを忘れずに、「まずは4桁から」など届きそうな範囲を最初の目標にしてくださいね。

Arisa
Arisa

私の最初の目標は3000円でしたよ♪

優先順位を明確にする

目標が決まったら、日常に優先順位をつけるといいでしょう。

 

無理に時間を作って取り組めば、すぐに目標達成できるかもしれません。「それが当然!」と考えて喝を入れてくる人もいますから。

しかし仕事に集中しすぎて、子供と遊んだり家族で会話したりすることが減っては悲しくありませんか?

Arisa
Arisa

私の優先順位は今、「家族=健康>家事=仕事」です。

家族で幸せに暮らすために健康であり、お金も稼ぎたい。どれを欠いても成立しないから、「今」という括りで考えることにしました。

<私が今という括りの中で譲れないこと>

  • 子供が子供なのは今だけ
  • 成長していく姿を仕事で見逃したくない

自分にとって大切なものを犠牲にしてまで仕事を優先すると、後悔することになるかもしれません。

状況が許すなら「大切なものを最優先する気持ち」を忘れないでくださいね。

無理はしない

多く稼ぎたいからと無理をするのは禁物です。

 

在宅ワークの多くは「単価制」でやった分だけ報酬に繋がります。

締め切りに間に合わせるのは当然ですが、無理をし続けることのリスクは大きいのです。

私の経験

 

Arisa
Arisa

稼ぎたい一心でどんな案件でも受けて、全てをこなすために無理をしたことがあります。

 

結局、その反動で

  • 疲れやストレスが溜まり家族に八つ当たり
  • 体調を崩して仕事ができない日が続く

という意味のない事態に…。

 

報酬は良かったけれど、家族と喧嘩はするし翌月の報酬は下がってがっかりするし…。

いいことはなかったですね。

 

それ以降は不測の事態が起きても、締め切りに間に合う程度の余裕をもって依頼を受けるようになりました。

在宅ワークで多くの報酬を得たいと思うなら「単価」を上げることを目標にすると良いですよ。

まとめ:主婦でも諦める必要はない

在宅ワークの始め方の本当に初歩の部分を紹介しました。

こんな内容です

  • 在宅ワークはスキマ時間を上手く使ってできる仕事
  • 子育て中、不規則家庭の主婦、副業におすすめ
  • 正解のない仕事が多く常に学び=0からでもできる
  • クラウドソーシングなら始めやすい
  • 主婦こそ目標と優先順位を決めて無理なく楽しむべき

 

私はこの仕事を始めて「取り柄がない人はいない」ことに気付きました。

 

特技や経験があるわけでもない私のような主婦でも認めてくれて、応援してくれる人がいます。

経験全てが同じ人は存在せず、一人一人が無限の可能性を持ったオリジナルなんですよね。

 

環境や時間に制約があるなど、「思う存分」とはいかなくてもチャレンジできることは必ずありますし、やる価値があります。

まずは自分流探しから始めてみませんか?