【在宅ワーク】webライターとブログ運営を比較!!おすすめは?

WORK
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、齋藤ありさ(@butterflypencil)です。

今回は「webライターとブログ運営はどちらがいいのか」についてお話しします。

 

在宅ワークというと「内職」からエンジニアなどの「専門職」まで数多くあり、何が一番いいのかわからないという方もいると思います。

資格も不要という点で、副業や主婦の在宅ワークに人気なのが「webライター」と「ブログ運営(アフィリエイターなど)」でしょう。

 

Arisa
Arisa

在宅ワークを始めて丸1年が過ぎた私。

「パート並みの収入」を基準としている私の場合、収益は比較的安定しています。

しかし、将来的な部分を考えるならもう少し安定して稼ぎたいという想いはあります。

 

安定して稼ぐためには「短時間×高単価」を目指すと良いですが、ライティングとブログでは仕組みが違うため、相性はそれぞれになるでしょう。

この記事の内容

  • webライターとブログ運営それぞれのメリット・デメリット
  • 同時進行で進めることは可能?
  • つまづいたら本気で学ぶこともできる
Arisa
Arisa

webライターとブログ運営両方に取り組んでいるパラレルワーカーの私が解説します。

最後までお読みいただければ、webライターとブログ運営の違いを理解することができ、スタート方法や両方始めるタイミングを掴むことができますよ。

 

 

webライターもブロガーも資格や経験が必要ない

Arisa
Arisa

webライターもブログ運営も、始めるにあたって資格や経験が必要ありません。

 

気軽に始めることができるメリットがあり、多くの人がチャレンジしていますよね。

基本的に自由な時間で取り組めるので、主婦だけでなく会社員の副業としても人気です。

 

もちろん、Webライターもブログ運営も、特別なスキルを持つなど、発信できる情報に特徴がある方が有利ではあります。

 

Arisa
Arisa

しかし、私でも収入を得ることができているので、得意がなくてもこれから見つけることができる分野でもあるのです。

webライターのメリット・デメリット

webライターは個人ブログ・企業メディアなどから依頼を受けて、掲載する記事を書くお仕事です。

 

名前付きで公開できる場合と、名前を出さない場合、ゴーストライターのように誰かになり切って書くという場合もあります。

メリット

  • クライアントさんの意向に沿って書けばいいので、構築は比較的楽
  • 書いた記事を校閲・フィードバックしてくれるので、執筆力がつく
  • クラウドソーシングなど、仕事は探しやすくある程度選ぶことも可能
  • 書いたら書いた分、確実に収入になる
  • webライターを始めるための特別な経費が必要ない

 

記事を執筆すること以外に対する責任がほぼないのは、Webライターのメリットです。

 

お仕事の依頼さえ獲得できれば、クライアントさんの意向に沿う努力をすれば報酬が発生するので、「お仕事」と堂々と宣言できるでしょう。

 

主婦ママさん
主婦ママさん

特に自己主張にこだわりがない方には、取り組みやすいとも言われています。

デメリット

  • クライアントさんの意向に沿う必要があるため、自由度が低い場合も…
  • 自分の理想とするサイトに掲載できるチャンスをつかむことは大変
  • 無記名記事やゴーストライター扱いで「実績」として公開することを拒否される場合も
  • 多数の修正依頼やテスト不合格によって自信を無くすこともある
  • 書いた分しか報酬にならないので、文字単価が上がっても天井はある程度見える

 

依頼された記事はほとんどの場合、自分の思ったことを自由に書くことができません。

全く反対の意見を持っていたとしても、「この記事はこの意見方針」と言われれば、それに沿わせて書くことになります。

 

Arisa
Arisa

自由に表現したいタイプの方にはかなり窮屈な環境といえるでしょう。

ブログ運営のメリット・デメリット

ブログ運営は「週末起業」「1万円企起業」とも言われることがある分野です。

記事を書いて提供する「webライター」とは違い、自分自身のブログで記事を公開します。

メリット

  • 自分の基準で好きなように記事を書ける
  • ブログ自体も自分の好みに作ることができるので、個性を出せる
  • 記名記事にできるので、堂々と「執筆実績」にできる
  • ダメ出しされることがないので、執筆に関するプレッシャーは少ない
  • 波に乗せることができれば、収入の天井はない

 

全て自分の判断でOKなので、自由度の低いwebライターに比べのびのびとした記事を書くことができる魅力があります。

 

報酬発生の仕組みが違うため、収益を得ることは簡単ではありません

しかし、上手く育てて波に乗せることができれば、極端な話、新たな記事を書かずとも報酬を得続けることも可能です。

デメリット

  • ブログの構築やセキュリティ対策など全て自己責任
  • 記事を校閲してくれる人がいないため、全て自分でしなければならない
  • 広告の設定など、審査や手続きも必要で決して収益化は簡単ではない
  • 収益が発生するまでは無報酬でひたすら記事を書く必要がある
  • 作成・継続には多少の経費がかかる

 

ブログは自分で運営するものですので、記事内の表記やブログのセキュリティ、サイトのデザインなど全てにおいて運営者である自分に責任が生じます。

 

報酬を得るための仕組みづくりや工夫も必要です。

Arisa
Arisa

それが多くの人の目に触れるまでの苦労は計り知れないものがあります。

 

もちろん、収入を得るための自由度を高めるためには、無料ブログでは厳しい部分もありますので、サーバー契約など、普段しない取り組みと初期費用が必要です。

同時進行もおすすめ

Arisa
Arisa

私としては「webライター」と「ブロガー」は同時進行がおすすめです。

 

「文字を書くお仕事で収入を得たい」と思うなら、日々勉強、日々経験になります。

 

webライターとして「実績提示」を求められるなら、自分のブログ記事を出せばいいですし、ブログの収益が安定するまでは、依頼記事で経費を稼げばいいですよね。

 

もちろん、労力は二倍以上必要になるので、最初から両立することは難しいですし、自分の時間を削るなどの努力も必要でしょう。

 

主婦ママさん
主婦ママさん

しかし、将来を見据えて頑張りたいと思うなら、基礎を作るまでは努力するしかないと思います。

 

私は家族優先を掲げているので、ライターをしながらのブログの構築には2か月も使ってしまいました。

今はFPの勉強を始めたこともあり、試験合格まではライターのお仕事を減らしてブログと勉強に注力するつもりです。

 

勉強を始める前は、基本的に1日1.5記事以上は書いていたので、ブログを始めてからはライター記事1、ブログ記事1で分散するようにしました。

 

「1日〇時間使わなきゃ稼げない」「そのくらい努力できないならやらない方がいい」という言葉をかけられることもあります。

 

しかし、私は毎日コツコツの大切さを主張していきたいし、証明したいのです。

 

そうでなければ結局

「稼げる人は選ばれた人、恵まれた環境の人」

ということになってしまうでしょう?

本格的にスキルを学ぶ方法も…

webライターもブログも、私は基本独学です。

Arisa
Arisa

本を読んだり、Webで調べたり…。

 

 

しかし、ライタースキルもブログ運営の方法も、教えてくれるスクールやweb講座は山ほどあるのです。

もちろん、全てが質の良いものとは限りませんし、相性もあるでしょう。

 

でも、独学で伸び悩んだり、もっと成長したいと思ったりすることがあれば、お金を出してでも学んだ方が効率的な場合も多いです。

特に独学よりも短時間で着実にスキルを身に付けることができるので、収入を上げるまでのスピードに大きな違いが出る可能性も…

 

本物のスキルが身に付けば、かかった費用は後から十分回収できますし、自分に先行投資することほと有意義な使い方はないとも言われています。

 

自分の目指すレベルによっては検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ:合った方法で安定収入を目指そう

webライターとブログ運営はどちらがいいのか…ということをお話ししてきました。

内容を振り返ると…

  • webライターもブログ運営も資格は必要なく始めやすい
  • webライターは書いた分確実に報酬に繋がるが、ブログは収益化に時間が必要
  • 自由度の高いブログとクライアントの意向に沿う必要のあるwebライター
  • 将来的に両方チャレンジすることもおすすめ

それぞれのメリット・デメリットが正反対に近い部分もありますので、自分の目標や生活環境など、「合ったものをするべき」というのが結果ですね。

 

過ぎた時間は絶対に返って来ません。

将来への不安があるなら、時間が過ぎるほどに大きくなるだけでしょう。

 

安定した収益をすぐに得られるわけではない「在宅ワーク」…。

歩幅は狭くても毎日進もうと思えるなら、今すぐにでも始められますよ。

 

Arisa
Arisa

ブログの始め方や初期費用などについても、今後紹介していこうと思います。