webライターになりたい!誰でもなれるはホント?ウソ?

WORK
この記事は約9分で読めます。

こんにちは。齋藤ありさ(@butterflypencil)です。

今回は「webライターとして稼ぐまで」のロードマップを紹介します。

 

webライターは「誰でもなれる」「簡単に稼げる」など聞いたことがありませんか?

「誰でも簡単に稼げる」と聞いたら興味を持つのも当然ですし、軽い気持ちで「始めてみよう」と思う人も多いでしょう。

 

この記事の内容

  • webライターには誰でもなれるのは本当か
  • webライターになるための方法は?
  • 月5万円安定して稼げるまでのロードマップ
Arisa
Arisa

webライター歴2年目、月収8万円代キープの私がお話しします。

 

最後までお読みいただければ、Webライターとして活動を始め、安定収入を得るまでの道のりを知ることができ、始める覚悟もできるでしょう。

webライターに興味があるという方、これから始めようという方に向けて、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

webライターは敷居が低いって本当?

webライターは敷居が低く誰でもなれるというのは「本当」です。

 

資格も必要なくありませんし、Webライターと名乗るだけでスタートです。

 

最近の雇用の動きから見ても、在宅ワークは注目され副業として始める人も多いですよね。

 

Arisa
Arisa

しかし、「誰でも簡単に稼げる」わけではありません。

webライターとしての自覚を持ち、常に努力できる人、継続できる人だけが成功するという点は、他の業界と同じです。

 

新規参入する方もかなり増えていますが、安定した収入を得られているのは、ほんの一握りかもしれません。

 

「決して簡単ではない」と分かっていても、在宅でできる仕事には大きな魅力があります

副業として、家事や育児の合間の時間を利用して…など、さまざまなニーズに対応できますからね。

 

将来的にフリーランスとして独立し、仕事を一本化することを目標としている人も増えています。

 

Arisa
Arisa

私もその一人!将来的に外で働くことは考えていませんし、この仕事でもっと成功したいです。

webライターとして仕事を始める方法

長い目でみてwebライターとして頑張りたいと思うなら、まずは始めてみましょう。

始めるって、いったい何から?どこから??

はい!当然の質問ですよね。

 

Web上に限らずですが、ライターとしての仕事を請ける方法は次のようなものがあります。

クラウドソーシングを利用する

一番簡単で始めやすい方法です。

 

クラウドソーシングとは簡単にいえば、仕事をしたい人と仕事を頼みたい人の仲介をするサービスです。

 

ライティング、データ入力やデザイン、プログラミングなど、さまざまな仕事の募集があります。

 

多くのサービスで、受け取る報酬から引く形で手数料を支払いますので、元手は0からスタートできるのも魅力です。

 

仕事をもらうまでの流れの例

  • 自分で気になった案件に応募・提案→クライアントさんの希望に合致すれば契約を結べます。本契約にはテストライティングを受ける必要がある場合も…。
  • 登録したプロフやスキルなどの情報に興味をもってくれたクライアントさんから、スカウトを受けることもあります。相談などを通じ条件に合致すれば契約に進めます。

 

クラウドソーシングサービスを通して契約しますので、トラブルも少なく安心です。

お互いに実績と評価は見えるようになっていますので、自己判断もしやすくなっています。

メディアのライター募集に応募する

このメディアの記事が書きたい!!と運営者に直接掛け合って執筆させてもらう方法です。

 

よく見ているメディアなど、「ライター募集」が表示されているのを見たことはないでしょうか?

ある場合はそこから確認し応募しましょう。

 

クラウドソーシングを利用するより単価が高く、掲載されるメディアを先に知ることができる点で、合わない仕事に当たりにくいメリットがあります。

 

 

Arisa
Arisa

全く執筆経験がない初心者の方には少しハードルが高めです。

 

目標とするメディアがあるのはとてもいいことですので、まずはライターとしての基本を身に付けて、多少でも経験を積んでおくとチャレンジしやすいと思いますよ。

ブログやSNSを通して執筆依頼をもらう

SNSや自身が運営するブログなどで「お仕事ください!」とアピールして、興味を持ったクライアントから直接依頼をもらう形です。

 

ブログの記事は、サンプルとして提示することもできますし、いろいろな部分を見て「このライターに頼みたい」と思ってもらえる可能性があります。

 

そのためには集客力も必要になります。

 

「募集してますよ!」「こんなの書けますよ」と表示しても、実際にかなり魅力的な記事揃いだったとしても…

Arisa
Arisa

誰の目にも止まらなければ意味がありませんよね。

 

まずは地道な努力で、人目に付く環境整備をしながら、ライターとしてのスキルアップを目指すと良いのではないでしょうか?

webライターとして月5万円を稼ぐまでの道のり

まずは基礎を固めるところからスタートして、月1万円を目指しましょう。

副業でも月5万円くらいは稼げるようになるはずです。

実績作り

まずは1つでも多く「提示できる実績」を作りましょう。

初心者、未経験OKの案件は単価も低く、収入としては期待できないかもしれません。

しかし、最初の1件はそういった案件を避けずに請けて実績を積むことをおすすめします。

 

ライティング実績0の人と1の人がいたら、どちらに依頼したいと思いますか?

報酬を支払って依頼するのだから、実力と実績がある人を選びたくなる人が多いのではないでしょうか?

 

テストライティングをして判断するクライアントさんもいるのですが、高単価ほど実績はないよりある方が好まれます

 

 

Arisa
Arisa

自分でも最初は自分の実力が分かりませんし、売り込むのも難しいはず…

 

低単価でも「実績」として堂々と提示できる記事を数記事持つことで、今後のアピールポイントになります。

 

そして実際に「書く」ということに慣れることで、ライターとしてもスキルも自然に上がります。

信頼構築

毎月安定して稼ごうと思うのであれば、やはり継続案件を獲得できると良いですよね。

 

信頼関係を築けると、案件終了後も

こんな案件がありますが、お願いできませんか?

など、別の仕事を依頼してくれることもあります。

 

信頼関係を築くための基本

  1. 約束は守る(納期や連絡)
  2. 疑問点や悩んだ時に自分だけで判断しない
  3. 断る勇気も必要(キャパオーバーや条件に合わない場合など)
  4. どんな仕事でも引き受けたら手を抜かない

 

 

納期を守るのは絶対条件です。

予定を全て加味して、可能なだけの量を調節するのも大切ですよね。

 

Arisa
Arisa

私の場合は今日・明日といった大急ぎの仕事や、超大作で余裕が持てない仕事はあまり受けません。

 

キャパオーバーで締め切りに間に合わない・質の低いものを納品するということになっては、信頼関係は築けませんし、継続はないと思った方が良いです。

単価上げ

最初は「勉強」と思って単価の低い案件からチャレンジし、少しずつ単価の高い案件に応募していく、または単価上げ交渉をするのが現実的だと思います。

Arisa
Arisa

最初から1文字1円以上を狙うことは不可能ではないのですが、競合相手も多いのが事実!

 

webライターの報酬は「文字単価」で決まることが多くあります。

3000文字の記事を1文字0.5円で書けば1500円、1円なら3000円ということですね。

 

かかった時間を考えると時給も計算できますが、時給換算するのはおすすめしません。

慣れて要領をつかめばある程度の時短は可能になります。

それと同時に実績や信頼も上がり、文字単価が上がることで実質、時給は上がるでしょう。

 

Arisa
Arisa

ちなみに私の今の平均文字単価は1.2円です。

高いのも低いのもありますが、みんな同じ質を心がけています。

まとめ:Webライターにはなれても稼げるかは別問題

webライターになるのは簡単だけど、稼げるかは自分次第!というお話をしました。

内容を振り返ると…

  • webライターは誰でも始められるが簡単ではない
  • クラウドソーシングなどから始め実績を積もう
  • 継続案件獲得には信頼が大切
  • 単価が上がれば効率よく稼ぐことも難しくない
  • 依頼の受け方も経験で変わってくる

実は私も最初は

Arisa
Arisa

ポイ活と合わせて月1万円くらいになったらいいかな?

程度の感覚だったんですよね。

 

しかし、SNSで「始めて3か月で月10万円に達しました」という人達に多く出会い…

刺激されて学び、書き、読んではまた書き…努力した結果、1万円が3万円、5万円と増えて「主婦でもできる!」になったわけです。

 

日々、学び吸収し、実際に書いてみることで経験を積み、さまざまな観点から求められる記事を作ること…

これを楽しめることが、一番の秘訣かもしれません。