洗濯槽クリーナーの使い方。酸素系と塩素系はどっちがおすすめ?

Housework
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、齋藤ありさ(@butterflypencil)です。

今回は洗濯槽クリーナーの使い方について解説していきます。

 

洗濯槽はきれいなように見えて裏側が汚れていると言いますよね?

定期的にお手入れしていますか?

 

私は月1回程度していたのですが、先日、いつもと違うことをしたら大変なことに…。

 

この記事の内容

  • 洗濯槽は実は汚れているって本当?
  • 洗濯槽クリーナーの使い方と効果的な方法
  • 酸素系と塩素系の違いとおすすめ
  • お手入れの頻度について
Arisa
Arisa

お手入れ方法を怠って??洗濯物が大変なことになったばかりのズボラ主婦が解説します。

 

最後までお読みいただければ、洗濯槽の適切なお手入れ方法を知ることができるので、習慣にすれば清潔な洗濯機で安心して洗濯をすることができます

洗濯槽の汚れって何?きれいに見えても…

洗濯槽の裏側、見えない部分にはかなりの汚れがついているのです。

主な原因とされている汚れは5つあります。

① 衣類の汚れ

洗濯する衣類そのものについていた汚れや、繊維などです。

食べカスや泥汚れなど大きな汚れの他に、汗や皮脂といった無意識に付くものがあります。

また、ポケットの中に入れたままうっかり洗ってしまった紙などが溶けたものや、服そのものの繊維や糸くずが主なものです。

② 水垢

水道水に含まれるカルキなどの成分です。

一般的に水回り全般でつきやすい汚れですので、放置するとどうなるかは想像がつくのではないでしょうか?

③ 洗剤の残り

洗濯用洗剤や柔軟剤などの残りが裏側に残り、蓄積します。

溶けやすいものを適切な量使うことである程度は軽減できますが、洗剤投入口など水に直接触れにくい場所に残っている場合などがあります。

④ カビなどの雑菌

雑菌は汚れやせっけんカスなどを栄養にして繁殖します。

特に水分の多い場所では繁殖しやすく、目に見えない洗濯槽の裏側は格好の繁殖場所と言えるでしょう。

⑤ ホコリ

外部からのものや衣類のほつれなど、ホコリは日常にかなり溢れていて、洗濯機でも例外ではありません。

水に濡れると取れにくい性質があるため、洗濯機周りや内部は溜まりやすい環境です。

 

Arisa
Arisa

菌やカビって気づいてしまうとすごく気になりますよね。

洗濯槽のお手入れをしないと?

調べてみると、洗濯機を買ってから一度もお手入れしていないよって人も意外と多いようです。

では、お手入れしないとどうなるのでしょうか?

① 洗濯物にゴミが付く

洗い終わった洗濯物に黒いわかめのようなゴミや、せっけんカスがスライムのようになって付くことも…。

洗濯後の方が汚く見えるほどですし、目に見えない雑菌が一緒についている可能性も高いでしょう。

② 洗濯槽や洗濯物が匂う

洗濯槽の裏側でカビが繁殖している場合など、洗濯機の蓋を開けるだけで悪臭が漂うことも…。

 

Arisa
Arisa

洗濯物にも匂いが移りますし、柔軟剤などの香りと混じるとさらに微妙なことになります。

③ 故障の原因にも…

洗濯槽裏側の汚れが原因で洗濯機自体が壊れることは少ないでしょうが、汚れの原因となるホコリなどは、機械類の故障原因になりますよね。

 

洗剤投入口や排水の詰まりなどにも繋がるかもしれませんので、周辺を含めて手入れしましょう。

洗濯槽クリーナーでお手入れしよう

洗濯槽は定期的にお手入れすることを習慣にすると、安心して洗濯することができます。

では、どのようにお手入れするのかチェックしてみましょう。

① 準備するもの

  • ぬるま湯(洗濯槽いっぱい)
  • 洗濯槽クリーナー
  • 汚れ取りネット
  • 雑巾や綿棒、隙間ブラシなど

② 洗濯槽の汚れを浮かせる

まず、洗濯槽にいっぱいのぬるま湯を溜めて5分から10分程度放置します。

 

洗濯槽洗浄モードがある洗濯機の場合、自動で必要量の水を溜めますが、汚れを浮かす効果はお湯の方が高いので、シャワーなどを使ってお湯を入れましょう。

この際、熱湯を使うと洗濯槽を傷める可能性がありますので、ぬるま湯にしてください。

 

汚れを浮かす目的なら、お風呂の残り湯でもOKです。

途中で数回洗濯槽を回転させるとさらに汚れが浮きやすくなります。

③ クリーナーを投入する

洗濯槽クリーナー(量はものによるので説明を読んでくださいね)を投入し、洗濯機を回します。

 

標準モードだと、一定時間で終了し勝手に排水してしまうので、排水されないタイミングで止めてください。

④ しばらく放置する

クリーナー入りの水が入った状態で2~5時間ほど放置します。

 

Arisa
Arisa

マメにお手入れしていない場合、この時点で汚れはすでに浮いていると思いますが、この後の方がヤバイので、覚悟しておきましょうね。

⑤ 汚れをすくいとる

放置時間が過ぎたら、再び洗濯機を回しましょう。

 

一定回数回すと裏側の汚れがさらに剥がれ落ちて表に出てきますので、汚れ取りネットやハンガーにストッキングを巻いたものなどを使用して、汚れをすくい取ってください。

⑥ 汚れが出なくなるまですすぐ

汚れを取り除き、回し、また取り除くことをある程度繰り返したら、すすぎに入ります。

 

Arisa
Arisa

標準モードで回している場合などは、水量を満水にするように水道から水を足すなどしてください。

 

すすぎの状態でもまだ汚れが多く出る場合がありますので、出なくなるまで汚れを取り除きながらすすいでください。

⑦ ついでに洗濯機の細かい部分を掃除

洗剤投入口に固まった汚れや、内側に付いたホコリなどを雑巾、綿棒、隙間ブラシで取り除きましょう。

 

洗濯機のゴミキャッチャーにも、洗濯槽裏の汚れが入りますので、終わったら取り除いてくださいね。

洗濯槽クリーナーは塩素系?酸素系?

塩素系と酸素系は明確な違いがあるので、本来なら「使い分けることがベスト」と言われています。

塩素系の特徴

  • 菌に対する効果が高い
  • 水でもOKで簡単に使える。浸け置き不要のものもあり
  • 匂いがきつく、手荒れしやすい

酸素系の特徴

  • ナチュラル成分で環境や肌に優しい。匂いもほぼなし
  • 発泡で汚れを落とすので殺菌力が塩素系に劣る
  • お湯を使用し浸け置きするなど、多少の手間がかかる

おすすめは?

私が実際に使っている感想から考えると、洗濯槽クリーナーは「酸素系」一択になります。

 

実はずっと「酸素系」を使っていたのですが、前回、間違えて「塩素系」を買ってしましました。

マメにしているので、特に問題ないだろうと思ったのですが、明らかに目に見える汚れが取れなかった…。

そして今回、酸素系に戻して使用したら…「何年やってなかったの!?」状態に…。

 

漂白したり菌に対抗したりはするのでしょうが、裏側に付いた汚れそのものを取り除くことはできないのでしょうか?

しっかり浮かせて取り除き、汚れそのものを排除した方がいい印象です。

 

Arisa
Arisa

しかも匂いもキツイのがデメリットとして強く…。

子どもへの刺激も考えると酸素系の方が安心で、効果が目に見える感じです。

 

年に1度くらいは酸素系の後に塩素系を使って、しっかりお手入れするのもいいかな?とも思っています。

洗濯槽のお手入れ頻度は?

洗濯槽のお手入れは1か月から2か月に1回くらいがベストです。

 

洗濯機を使う頻度や使用する洗剤にもよると言われていますが、水を使用するものである以上、湿度も高くなりやすく、菌の繁殖もしやすいですよね。

あまり使わないからこそ、匂い=汚れの存在を感じやすいかもしれません。

 

定期的なお手入れと共に、洗濯機の蓋は使用時以外は開けておきましょう。

 

私は大体月に1回、一日洗濯機と格闘しても大丈夫な日にするようにしていますよ。

Arisa
Arisa

洗濯物は白が多いので、黒い汚れなんて付着したら大問題です。(ネット使用してるので直ではないですが…)

まとめ:定期的にお手入れして気持ちの良いお洗濯を!

洗濯槽クリーナーを使った洗濯機のお手入れについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?

 

内容を振り返ると…

  • きれいに見えても洗濯槽の裏は汚れている
  • 5種類の原因によって汚れ、匂いや洗濯物を逆に汚す原因に
  • 浮かせて→クリーナーで浸け置いて→汚れを取りながらすすぐ
  • 使い分け方法があるが、汚れをしっかり取るなら酸素系がおすすめ

 

「洗濯槽クリーナー」専用品として販売されているもののほかに「オキシクリーン」などの酸素系漂白剤などを使用してお手入れする方法もありますよね。

 

洗濯槽洗浄機能にお任せで大丈夫なものもあれば、我が家のようにただ水を多く溜めるだけで標準ミードと変わらないようなものもあります。

成分や方法によって使用量も違いますし、間違った使い方で洗濯機を傷める原因にもなりますので、注意書きも確認しつつ、一番合った方法を見つけると良いでしょう。

 

きれいな洗濯槽で、衣類をもっと気持ちよく洗濯してくださいね。