【在宅ワーク】収入を得たら必ずしよう!確定申告ってどうするの?

WORK
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、齋藤ありさ(@butterflypencil)です。

今回は在宅ワーカーの確定申告について解説します。

 

会社勤めなら所得に関する申告を代行して行ってくれるので、基本的に何もしなくても問題ありませんよね。

しかし、在宅ワークなど個人で収入を得ている場合は自分で申告する必要があり、不安が大きいかもしれません。

確定申告の時期になって慌てることがないように、早い段階から準備しておくと良いですよ。

この記事の内容

  • 確定申告が必要な場合とは?
  • 白色申告と青色申告の違い
  • 確定申告は難しい?できるだけ手軽にするために
Arisa
Arisa

現在パラレルワーカーとして開業(青色申告)している私が解説します。

最後までお読みいただければ、個人的に得た収入の申告に対する不安が軽減され、今から準備しておくべきことを知ることができます。

 

在宅ワークは確定申告が必要?

在宅ワーカーは確定申告する義務があります。(例外もあり)

何らかの形で収入を得ているということは、所得税納税の義務も生じているということを意識してくださいね。

 

なぜ確定申告が必要?

在宅ワーカーは会社員など組織に属するわけではありませんので、個人事業主となります。

フリーランスなど雇用契約の方法によっても変わりますが、申告納税制度に合わせて確定申告を行い、自分の収入から納税する必要があるのです。

Arisa
Arisa

怠ることは違法になりペナルティを受けるので、「主婦だから」などと考えずにきちんとやりましょう。

 

確定申告が義務になる金額は?

確定申告が必要になる金額は収入のパターンによって異なります。

会社員などが副業として収入を得ている場合は、基本的に所得が20万円を超えたら申告が義務になります。

在宅ワークのみなど専業の場合は、基本的に38万円を超えたら申告が必要です。

これは所得が控除額より低い場合、所得税がかからないからであり、基礎控除は誰にでも適用されるものとの考えから算出される金額です。

ただし、住民税は算定基準が変わってきますし、控除の金額等も改定される場合があります。

その点も考慮しつつ、きちんと申告した方が間違いないでしょう。

 

金額が基準以下だから申告は不要?

収入の金額が課税対象にはならない場合、申告をする必要がありません。

Arisa
Arisa

しかし、クラウドソーシングなどを利用する場合を含め、企業から仕事を受ける場合、報酬から源泉徴収されている場合があります。

実際には納税義務がないわけですから、この場合は収入が少なくても確定申告することで、源泉徴収された金額の返金を受けることができます。

納め過ぎたからといっても連絡が来ることはありません。

自身で意識して申告を行わないと、損をするパターンになります。

確定申告には白色と青色がある

聞いたことが人も多いでしょう。

よく道の真ん中に「青色申告推進の町」とかいう看板も立ってますし!(この辺だけ?)

青色申告ってなんだろう…子供の頃はずっとそう思ってましたが、いつの間にか青色申告者になっていた私です。

白色申告

開業届を提出しないうちは、必然的に白色申告になります。

Arisa
Arisa

収益の流れなどを示す帳簿も簡易的なもののみで良く、確定申告が比較的簡単なのがメリットです。

開業届を提出しても、白色のままでもOKですし、ある程度の収入を得て安定するまでは損もないでしょう。

青色申告

開業届を提出し、さらに青色申告承認申請を行う必要があります。

Arisa
Arisa

確定申告の際に求められる帳簿も複式帳簿であるなど、白色に比べて複雑になり、手間もかかる申告方法です。

しかし、その代わりといってはなんですが、収入から最大64万円の特別控除をすることができるというメリットがあります。

赤字の繰り越しも3年間と長く、仕事で使用する家賃や光熱費も一部経費にすることができるなど、節税効果が高い申告方法になります。

 

開業届けと一緒に手続きしておこう

開業届は基本的に「事業を開始する前までに提出する書類」ですが、しなかったからとしってペナルティはありません。

主婦の在宅ワークスタートの場合、ある程度手ごたえを得てからでも特に問題ないのです。

Arisa
Arisa

私は始めてから7か月後に提出しました。

開業届を提出するなら、青色申告承認申請も一緒に行いましょう。

提出の時期によってはその年度分の申告を青色にすることはできず、翌年以降になるのですがやはり青色は気持ちも引き締まります!

確定申告は難しそう…できるか心配

誰でも最初はそうですよね。

特に事業収入などの申告は、医療費などと違い経験がない人も多いはず。

不安な気持ちは十分に分かります。

 

会計ソフトを使えば比較的簡単

確定申告の書類は会計ソフトを使いましょう。

青色申告は複式帳簿で、業種によって揃える帳簿の種類も違います。

白色申告でも流れがきちんとわかる帳簿が必要であることに変わりはありませんし、簿記の知識がないと難しいですよね?

しかし、今の会計ソフトは本当に簡単になっていますし、サポートも充実しています。

買い切り版、クラウド版など様々ありますが、これを使えば想像より楽に申告書を作成できます。

クラウド版は初年度無料なども多いので、さまざま試してあったソフトを探すのも良いですよ。

Arisa
Arisa

私はクラウド版の「やよい」を使用しています。白色申告から使っているので、抵抗なく有料にアップグレードしました。

 

サポートサービスもある

会計ソフトの種類やランクにもよりますが、帳簿の付け方について電話やチャットで相談できるサービスがついているものも…。

慣れれば普通にできる作業でも、始めてでは難しいところもあるでしょう。

そんな時にサポートしてくれる人がいるのは有難いものです。

正しい申告を行ってこその事業主ですので、こういったサービスも使って、しっかり対策しましょう。

金額が大きくなるなら、税理士を依頼する

収入の金額や帳簿の項目が多くなるなど、事業規模が大きくなれば税理士を依頼することも得策です。

月数万円の経費は掛かりますが、自分でするより確実に処理してくれます。

税理士は税務署を通じて紹介してもらうことも可能ですし、将来的にそのくらいになれるように頑張ってみても良いのではないでしょうか?

 

正しく申告して、堂々と在宅収入を得よう

確定申告について簡単に解説しました。

今後は収入に応じての申告の仕方などを解説できたらいいなと思っておりますが、現在は主にライター収入ですので、この程度で…。

 

内容を振り返ると…

  • 在宅ワーカーは必ず確定申告をしよう
  • 副業、専業問わず、申告を怠ると正しい納税ができずペナルティも…
  • 所得が少なくても申告するとお金が戻ることもある
  • 白色申告は簡単、青色申告は手間がかかるけどお得
  • 本格的な活動をするなら、開業届と青色申告は刺激にもなる
  • 会計ソフトや専門家の力を借りて正しく申告、納税しよう

 

在宅ワーカーとして個人で仕事をするということは、責任も個人に出てくるということ…。

納税は国民の義務であり、きちんと申告までできてこその事業主ですよね。

責任と言われると尻込みしてしまうかもしれませんが、仕事を楽しんで行えるなら決して手間なんだけの作業ではありませんし、人としての成長も大きいはずです。

Arisa
Arisa

私ですらできてるんだから大丈夫ですよ。

せっかく一歩を踏み出すなら、とことん頑張ってみませんか?