財布の使い初めに!金運アップには初期設定があるって知ってた??

生活情報
この記事は約8分で読めます。

こんにちは!

紗由
紗由

この秋、7年ぶりに財布を変えました!

私はどちらかといえば風水を信じて実践する方です。

今回はそんな風水で「金運アップに必要」と言われている初期設定についてお話ししたいと思います。

記事の内容

  • 財布の初期設定って何?
  • 初期設定のやりかた
  • 財布と金運の関係

最後までお読みいただければきっと、気持ちから素敵な未来を感じられるようになるでしょう。

財布を買い替えたら何をする?

財布を新しくしたら、使い始める前に初期設定を行います。

それは財布に「ベストな状態」を記憶させることで、初期設定することで財布がその状態を保とうと働くようになるというお話しです。

もちろん信じない人は信じないでOKです。

私が選んだ初期設定

私は「9日間寝かせてから使う」という方法を選びました。

初期設定や財布の使い初めの行動については、いろいろな方がお話ししていて、それぞれの持論があるようです。

いろいろ読んだ中で納得できるもの自由に組み合わせて試しているという形ですね。

やり方も大切ですが、私が一番大切に思うのは自分の直感や信じられるかという部分なので…。

初期設定の方法

初期設定の手順

  1. 新しい財布に、普段より少し多めの現金を入れる。
  2. 白い布に包んで9日間寝かす。
  3. 10日目から財布の中身を移し使い始める。
  4. 9日間はお金の出入りを最小限にする。

手順はこのように結構簡単です。

これはお二人の方の唱えている方法を合わせたものですね。

普段より多めの現金を入れる

財布に常に入っていてほしい金額を覚えて貰うためです。

「100万円入れておく」という説もありますが、100万円はあなたにとって、どの程度の価値になるでしょうか?

普段から100万円が身近なら100万円で大丈夫です。

紗由
紗由

100万円常に入ってる財布にしたいから!って入れてもいいみたいだけど…

私は今、100万円が身近な立場ではないですし、現実的に考えて宝くじが大当たりでもしない限りは、財布に常に…は難しいです。

そして財布が覚えて金運を運び…とは言っても、100万円連発、大当たり一発なんて現実的ではないと感じました。

有沙
有沙

最近はスリム財布増えているし、100万円なんて入らないかも。

だから、常に財布に入っている金額より少し多めの金額が無難だと判断しました。

給料日直後の財布残高+予備費くらいですね。

紗由
紗由

本物のお札じゃなくても、同じサイズの紙で代用できるらしいよ!ダミー札束も販売されているので、それを入れて設定してもOK!

9日間寝かす

白い布に包んで北の部屋の暗い場所で9日間寝かせます。

財布の中に入っている現金を覚え、その感覚が安心するという感覚を持たせるのだそう。

初期設定で入れた金額で落ち着く体質の財布になれば、減った時に落ち着かなくなり、仲間を呼ぼうとするのだとか。

10日目から使い始める

9日間寝かせたら10日目には取り出し、使っているいる財布と交代させましょう。

使い始めるという意味で、その日に少しだけお金を使いましょう。

外出せずとも家族や子供に100円あげる…程度で問題ありません。

お金の出し入れを最低限にする

9日間はなるべく大きくお金を使うのは避けます。

これは9日間寝かして設定するという方と、使いながら設定するという方が居たので、両方を取り入れた形になります。

設定期間中にお金の出入りが激しいと、それを覚えて出入りの激しい体質になってしまうのだそう。

堅実なお金の使い方をするタイプの財布にするために、ここはしっかり意識したいですね。

紗由
紗由

使ったらその分戻す!って方法をやったこともあるけど、それは今の環境に合わないので、あまり使わないというだけにしました。

使った金額が財布に戻る体質にしておけば、本当に常に金額が一定で良いんだけど…

今は口座管理やキャッシュレスで現金が動く機会が少ないので、「臨時収入で財布が潤う」定義がちょっと違うよね?って思いました。

財布の金運は初期設定だけ?

いいえ、初期設定だけで金運は整いません。

他にもするといいこと、悪いこと。

習慣にしたいことなんかもあるので紹介します。

種銭を入れる

お金を生み出す(呼び込む)種となるお金を財布の中に入れておくというもの。

なんでも始まりは「種」

種から芽が出て育ち、やがて実をつけて再び種に戻り…

そうやって繰り返していきます。

それはお金も同じという考えで、財布の中に種を入れるのです。

種銭は「115円」

使わずずっと入れておくことが前提となります。

115円は自分と相性の良い年に製造されたものを

基本は「115円」ですが、さらに製造年を意識すると良いそう。

例えば、子年とは辰年、申年と相性がいいのだとか…

なので自分が子年なら、子年、辰年、申年のいづれかに製造された硬化を種銭に選びましょう。

同じ年が被っても問題ないそうなので、自分の誕生年硬貨をなんとなく残してしまう人は、すぐ見つかりますね♪

有沙
有沙

それ私ね!

相性のいい組み合わせ

【子・辰・申】

【丑・巳・酉】

【寅・午・戌】

【卯・未・亥】

清めたり、磨いたり…

銭洗いの神社などで清めたり、お酢につけて輝きを取り戻したり…

紗由
紗由

月の光に当てるなんてこともありです!

お金は多くの人が触れてきたのもですし、さまざまな厄がついています。

見た目にも決してキレイとは言えない場合も多いですし、そうしたもので運を呼び込める気がしますか?

ずっと財布に入れるものですし、厄を落とし清めたもの、輝くもの、心を込めて磨き上げたもの…そういうもののほうが気分もいいと思います。

有沙
有沙

お種銭を授かれる神社もあるよ♪

ポチ袋に入れて

種銭はポチ袋に入れて財布に入れるようにしましょう。

他の小銭と分けるようにする意味もありますし、特別な小銭なので大切に扱うことができます。

色はラベンダーと黄色がいいそうですよ♪

私はラベンダーの折り紙でポチ袋を作って中に黄色の紙を一緒に入れました。

レシートや小銭を溜め込まない

財布の中は常に整理整頓しましょう。

余分なものが入っているとお金が入るスペースがなくなり、仲間を呼ぶことができなくなる=金運が上がらないことになります。

そのために、毎日(買い物するたび)にレシートや余分な小銭を取り出してすっきりさせましょう。

感謝の気持ちを口にする

お金を使うたびに「ありがとう」と感謝を伝えるようにしましょう。

感謝されると金運も居心地がよく、再び戻ってきやすくなるのだとか…。

会計の際レジの方にお礼を伝えると同時にお金にも感謝すれば大丈夫です。

有沙
有沙

セルフレジで言ってたら恥ずかしい…って思っちゃうけど、それじゃ駄目だよね(笑)

また1日の終りには財布にも「お疲れ様」と労い、朝は「おはよう」と声をかけるのもいいそうですよ。

カバンの中に入れっぱなしにしない

財布は帰宅したら取り出し、定位置=財布の家に戻すようにしましょう。

財布も落ち着く場所に帰りたいし、しっかり疲れを取ってまた頑張って欲しいと思いませんか?

そういうことです。

紗由
紗由

財布の布団というものも販売されているくらいですし、財布も自分の体と同じように環境を整えてあげたいですね。

ちなみに定位置は北側の部屋、または寝室の北側が良いようです。

燃やしてしまうキッチンや、流してしまう水回りに収納するのは避けましょう。

定期的なお手入れ

定期的に財布の中を空にして清める、パワーを充填します。

使っていると表面には手垢、内側にはお金の汚れが付きますよね。

有沙
有沙

財布はお金の家。居心地の良い家には帰りたくなるよね。だから…

汚れは厄と同じなので、定期的に中身をだして、ゴミを取り除き、表面を拭きましょう。

満月の光に当てるといいって話を聞いたことはありませんか?

意識している人は、満月の日をリセット日に設定しているそうです。

紗由
紗由

財布の使い始めも満月の光に当てると良いみたいですが、私はできた試しがありません(笑)

まとめ:物も人も同じ気持ちで…

金運をアップさせる為にする財布の初期設定についてお話しましたが、いかがでしたか?

内容を振り返ると…

  • 財布は最初の状態を記憶してそこに戻そうとする
  • 常に入っていてほしい金額を入れ9日間寝かす
  • お金に感謝し、お金の家である財布を大切にする

調べてみるといろいろな方法がありますし、有名な風水師さんでもそれぞれ方法が違い悩むこともあります。

そんな時、私は自分の直感を大切にするようにしています。

今回ここで紹介したものは、私自身が知った時に「理由に納得できたこと」「何となくでもときめいたこと」になります。

紗由
紗由

ちなみに私が一番惹かれる風水師さんは「李家幽竹」さん。

李家幽竹さんは「財布は使いながら設定する」ことを提唱しています。

ですが私が最初に知った初期設定が「寝かす」ことだったので、それを辞めることは気持ち悪いな…と思い、今回は両方採用したという感じです。

感覚はそれぞれですので、自分に合った方法を探してみることをおすすめします。