収入激減!?コロナ禍を機に見直した家計管理と支払い準備積立。

生活情報
この記事は約7分で読めます。

こんにちは!

2021年も残り2ヶ月を切って、そろそろ年末年始の準備を始める時期になりましたね。

有沙
有沙

年末年始って結構出費なんだよね…

夫は年末年始関係ない仕事ですし、特別なことはしないという選択も可能。

とは言っても新年の雰囲気を感じることで気合が入るタイプなので、多少はね(笑)

この記事の内容

  • 臨時収入に頼らない生活をするために…
  • お金がなきゃ幸せじゃない?
  • 我が家のお金の動きを公開!

今回はこの内容でお届けします。

最後まで読むときっと「意外とできるかも?」という気になるかもしれません♪

臨時収入に頼らないってどういうこと?

毎月の最低限の収入だけで生活を成り立たせるということです。

「臨時収入がある予定だから大丈夫」という考えをもってしまうと、万が一その収入がなかった時に、全てが崩れ兼ねません。

有沙
有沙

最低限の収入だけで支払いができる生活を基盤にすると、いざという時にも「何とかなる」と思えるものです。

賞与は臨時収入のうち

賞与は一番あてにしてはいけない臨時収入と考えましょう。

コロナを機にカットを経験した家庭もあるのではないでしょうか?

有沙
有沙

我が家はそれが怖くて住宅ローンなど、ボーナスなしの均等で組んでいます。

賞与をあてにしている場合、その予定はすべて狂いますよね。

賞与が出たら「これがほしい」とか、「どこに行きたい」という計画なら、最悪延期にすれば大丈夫ですが、絶対的な支払いだったら??

紗由
紗由

絶対に必要なお金だった場合、賞与が出なかったら生活に支障をきたすことになります。

臨時収入に頼りすぎるとどうなる?

それが当たり前になってしまうと、臨時収入が入らなくなった時に、生活が維持できないかもしれません。

賞与に限らず、児童手当や親族からの援助など、臨時収入に頼った生活をしていると、それが当たり前になってしまうんですよね。

紗由
紗由

そして、なかなか見直す機会もないかもしれません。

そうなると、いつまでも臨時収入を頼った生活から抜け出すことができないという悪循環に陥るのではないでしょうか?

お金が少ないなりの幸せはある

お金は無いよりあった方がいいです。

有沙
有沙

とはいっても、あれば幸せ、少なければ不幸とも言い切れないと私は思っています。

全くなければ生活自体を維持できないので、幸か不幸かなんてお話ではないため、最低限の収入はあることを前提にしておきます。

臨時収入は入るとは思う。でも使う予定は一切立てない。

入らなくても基本的な支払いと生活は維持できる状態を目指す…。

それが私の見直した基準になります。

年払いの積立も毎月の収入で賄うので、月の生活はギリギリです。

でも、節約の為に買っていたおやつを家で焼いてみる。

テレビを消して散歩に行ってみる、家族で会話を楽しんで見るというようにチェンジすることで、お金で買えない幸せというものを実感したのも事実です。

我が家のお金の動きはこんな感じ

我が家のお金の動きについてお話しますね。

私が弱小事業主ですので、収入は「ないもの」として考えるのが無難という判断になっています。

そしてほとんどが「固定費」という扱い。

残ったお金だけで暮らすというスタイルが定着しました。

毎月の収入(手取り)

夫:約28万円

夫の給与は残業代などはなしなので、基本的に変動はほとんどしません。

昇給もほぼなしかな…。

妻:約3〜8万円

先にお話した通り弱小なので2000円なんて月もあります。

報酬としての受け取り方も様々ですし、経費がかかることもあるので、素直に収入に加えることができない場合も…

毎月の固定費

住宅ローン:約7万円

変動金利35年、均等払いです。

築4年過ぎたので、そろそろ繰り上げ返済も検討していかなければ…

水道・光熱・通信費など:約3万円

水道・光熱費は季節によって変動するので、年間の総額から平均を算出し均等に支出しています。

+スマホと家のネット、子供の共済金を入れた金額になっていて、無条件で引き落とし口座に入金するので、我が家では「固定費」の扱いです。

年払い等積立費:52000円

年払いの保険料や税金、教育費や家の管理にかかるものの総額から月割りで積み立てています。

時期によっては何ヶ月分も一気に支出してしまいますが、この金額を月々計上していることで、マイナスになることはありません。

生活基本積み立て:12000円

医療費やガソリン代など、定期的に支出するけれど毎月ではないもの、定額ではないものを少しずつ積み立てています。

 

有沙
有沙

医療費は積み立て総額の上限を決めていますが、そこまで使わないことはありません…。

余裕があるときには多めに積み立てしておくことで、家族共倒れした時でも意外となんとかなります。

先取り貯蓄:40000円

場合によってここは減らすことも視野に管理していますが、今の所問題なく続いています。

臨時収入に頼らない生活を基本としているため、これが何のための貯蓄か…という部分はまだきっちりさせていません。

毎月の生活費

毎月の生活費は夫の収入から固定費をすべて引いた残りの金額になります。

収入を28万円で考えると8万円弱くらいですね。

前は細かく項目を分けて予算を管理していました。

しかし、日用品だって何だってまとめて必要になることってありますよね?

それで予算が守れないことがストレスになったため、家計簿上は「食費」「日用品」「その他」と分ける程度に。

どの項目にいくら使おうが、この8万円弱で収まればOKにしました。

家計簿も「合計」ではなく「残高」で記入するようにしたので、使えるお金もわかりやすくなりましたね。

お小遣いは?

我が家は子供にお小遣い制を導入していますが、夫婦はありません。

基本的にキャッシュレス決済なので、自由に買い物していいことになっています。

また、高額なものは話し合って特別費から、完全に個人の秘密の買い物(?)なんかはそれぞれの結婚前からの資金で購入していて、結構自由なものです。

特別費の予算はどこから?

特別費の予算は妻の収入や児童手当、夫の賞与からということになります。

特別費の内容として、「美容・被服・レジャー」が主ですね。

臨時収入を頼らなくても最低限の生活はできるように毎月の生活を整え、余裕がある時は心を潤そう!という考え。

ないなら「しない」「買わない」で済むものがこの項目です。
(子供の服は指定服やサイズアウトもありますし、一部積み立てに予算を入れています。)

先取り以外の貯金は?

臨時収入の金額にもよりますが、年間15万円位は特別費に割り振って、残りは貯金です。

児童手当使っちゃうの?子供の貯金にしないの?と思う方もいるかもしれませんね。

我が家は児童手当の総額に当たる金額を予め別にしてあるので、受け取り分は家計に入れることになりました。

もちろん、臨時収入の総額から特別費の予算を引いた残りは貯蓄ですので、そこからも振り分けます。

大雑把ですが児童手当は教育費、妻の収入は住宅ローン繰り上げ、残りが防衛及び老後資金にしてますね。

まとめ:支出に備えると充実する

我が家流の臨時収入に頼らない生活基盤について紹介しました。

内容を振り返ると…

  • 臨時収入がなくても暮らせる基盤をつくろう
  • お金で買えない幸せを感じられるようになろう
  • 必要なお金は日々準備しておくと安定する
  • 臨時収入が特別なものになるよ

物欲が低く、あまりこだわりのない夫婦ということもありますが、一緒に生活していく中で新しいスタイルを作ってきました。

環境が変わる度に話し合い、年齢を重ねるごとに考えて、無理なく安定して目標を達成できる方法を探す今。

有沙
有沙

実はすごく楽しいです♪

これから子供にもお金がかかっていくし、収入の安定も必要になってくるんだろうな…とは思うのですが、無理せず我が家らしく暮らしていけだらいいな〜と思っています。

結局は独身時代からお金に堅実だった夫に感謝感謝ですけどね。

有沙
有沙

今話題になってる10万円給付、現金は子供の貯金にできますように〜。