賞与カット!?そんな時でも慌てない我が家の家計基盤を紹介!

おはにちばんは!今日もがむしゃらに私らしく、ありんこさんです。

2021年も残り2ヶ月を切って、そろそろ年末年始の準備を始める時期になりましたが支出が不安ではありませんか?

今回は我が家の生活費の考え方を紹介します。

ありんこさん
夫は年末年始関係ない仕事だし、何もしない選択はできるけど、新年の雰囲気って特別だからさ〜。
  • 臨時収入に頼らない生活をするために…
  • お金がなきゃ幸せじゃないの?
  • 我が家のお金の動きを公開!

私はこの方法に変えたことで、気持ちに余裕が持てるようになりました。最後まで読むときっと「意外とできるかも?」という気になれますよ。

臨時収入に頼らないってどういうこと?

毎月の最低限の収入だけで生活を成り立たせるということです。

「臨時収入の予定があるから大丈夫」という考えをもってしまうと、万が一その収入がなかった時に、全てが崩れ兼ねません。

ありんこさん
最低限の収入だけで支払いができる生活を基盤にすると、いざという時にも「何とかなる」と思えるものです。

賞与は臨時収入のうち

賞与は一番「あてにしてはいけない臨時収入」と考えましょう。

コロナ禍を機に賞与カットを経験した家庭もあるのではないでしょうか?

ぶどうくん
結構聞く話だよね。残業もなくなって…とか…。
ありんこさん
我が家はそれが怖くて住宅ローンなど、ボーナスなしの均等で組んでいます。

賞与を普通の収入と考えている場合、万が一賞与が支給されなかった時、すべて狂いますよね。

「賞与が出たら行きたい・買いたい」の場合
行かない・買わない・延期するという選択で危機回避可能。
=使い方として誤りではない。
「賞与が出てから支払おう」の場合
賞与が出なかったら支払えない
=負債として残る→その後の生活にも支障が出るかも。

臨時収入に頼りすぎるとどうなる?

臨時収入が入らなくなった時に、生活が維持できないかもしれません。

問題なく回っているうちは「臨時収入を使って普通に暮らせてるから問題ない」と感じますよね。

ありんこさん
でもコロナ大流行のように、将来的に何が起こるかは分かりません。

日本は社会保障が充実していると言われることはありますが、矛盾も多く誰もが生活水準を維持できるわけではないのです。

賞与に限らず、児童手当や親族からの援助などに頼った生活をしていると、それが当たり前になってしまい、なかなか見直す機会も訪れません。

ぶどうくん
そして臨時収入が途絶えると最悪の事態にもなりかねないんだね。

お金が少ないなりの幸せはある

お金は「ない」より「ある」ほうが良いのは間違いのない事実です。

ありんこさん
でもあれは幸せ、少ないと不幸と言い切れないことでもあるよね。

全くなければ生活自体を維持できないので、最低限の収入はあることを前提にしておきます。

  • 臨時収入は入る。でも使う予定は一切立てない
  • 入らなくても基本的な生活を維持できる状態を目指す。
ありんこさん
年払いの積立も毎月の収入で賄うので、月の生活はギリギリです。
  • 買っていたおやつ→家で焼いてみる。
  • 暇があればテレビや動画視聴→消して散歩に行ってみる。
  • 外出→家で家族の会話を楽しんでみる

チェンジすることで、お金で買えない幸せを実感したのも事実です。

我が家のお金の動きはこんな感じ

我が家のお金に関する考え方は次のように定着しています。

  • ありんこさんの収入は「臨時収入」扱い
  • 振り分けの大半を「固定費」として扱う
  • 予算を分けすぎない

ありんこさんの収入は「臨時収入」

夫はカレンダー完全無視の勤務なので、家や子供、近所親戚関係などは私の仕事。
夫が勤務時間内に捌ききれない事務作業や手続き代行を引き受けることもありますし、調整しやすいように予定を組むと仕事に時間は取れません。
ありんこさん
家族・親戚もそのスタイルは都合がいいそうなので、「収入が不安定なのは仕方ない=あてにしない」が当然になりました。
もう少し子供が大きくなれば、環境も変えられるので今はそれでOK。

振り分けの大半を「固定費」

毎月の収入から「やりくり費」として振り分けるのは「食費・日用品」だけです。
それ以外は住居・ライフライン費から今後の支出予定、貯蓄まで「固定」として使い道が決まっているお金として扱います。
ありんこさん
固定で振り分けたものが余っても基本的に他の使い方をすることはありません。
「固定」部分が捻出できれば支払いが滞って措置を取られることはないので、安心感がありますね。
残ったお金での生活を基本にすると、ゲーム感覚で節約できるのもメリットになると思います。
我が家の収入の振り分け方法は↓の記事で紹介!
関連記事

おはにちばんは!今日もがむしゃらに私らしく、ありんこさんです。 これから我が家の家計簿を公開していく予定です。 その前に固定費の内訳や、生活費の振り分けについて紹介しておきますね。 家計管理の記事と言っても決して「すごい節[…]

予算を分けすぎない

前は細かく「食費」「調味料」「日用品」など項目ごとに予算を管理していました。

しかし、まとめて必要になる月に予算が守れないことがストレスに…。

ありんこさん
逆に全く使わない月もあるんですよね。

なので家計簿上は「食費」「日用品」「その他」と記録はするものの、どの項目にいくら使おうが、「やりくり費全額」で収まればOKに変更。

家計簿も「合計」ではなく「残高」で記入するようにしたので、使えるお金もわかりやすくなりました。

特別費の予算はどこから?

特別費の予算はありんこさんの収入や児童手当、夫の賞与の一部を充てます。

ぶどうくん
全額ではないんだね!?
ありんこさん
各種予算、生活防衛費など余裕が十分にあるなら、全額「特別費」に充当することもあるかもしれないけど、今はまだね。

特別費で扱う主なもの

  • 美容
  • 被服
  • レジャー

など…多少の贅沢に当たるもの

臨時収入を頼らなくても最低限の生活はできるように整え、余裕がある時は心を潤そう!という考え。

ありんこさん
ないなら「しない」「買わない」で済むものが「特別費」から使うものです。

子供の服は指定服やサイズアウトもありますし、一部積み立てに予算を入れています。

先取り以外の貯金は?

臨時収入の金額にもよりますが、年間15万円位は特別費に割り振って、残りは貯金です。

いちごさん
児童手当は家族で使っちゃうの??
ありんこさん
うちは生まれた時に15年分の受給予定額分のお金を娘用にしたから、入った分は収入として扱ってるよ。

とは言っても臨時収入の総額から特別費の予算を引いた残りは貯蓄ですので、そこからも様々も振り分けます。

大雑把ですが児童手当分は教育費、ありんこさんの収入は住宅ローン繰り上げ、残りが防衛及び老後資金という感じです。

ありんこさん
全体のバランスを見て、貯蓄の中から投資など運用に回すこともあるよ。

まとめ:支出に備えると充実する

我が家流の臨時収入に頼らない生活基盤について紹介しました。

  • 臨時収入がなくても暮らせる基盤をつくろう
  • お金で買えない幸せを感じられるようになろう
  • 必要なお金は日々準備しておくと安定する
  • 臨時収入が特別なものになるよ

物欲が低く、あまりこだわりのない夫婦ということもありますが、一緒に生活していく中で新しいスタイルを作ってきました。

環境が変わる度に話し合い、年齢を重ねるごとに考えて、無理なく安定して目標を達成できる方法を探す今。

ありんこさん
実は結構楽しいんだよ!

今後、子供にもお金がかかっていくし、収入の安定も必要になってくるんだろうな…とは思うのですが、無理せず我が家らしく暮らしていけだらいいな〜と思っています。

結局は独身時代からお金に堅実だった夫に感謝感謝ですけどね。

その時々に合わせた管理方法をみなさんもぜひ、研究してみてくださいね。