ライティング初心者におすすめ!現役ライター絶賛のスキル本を紹介!

WORK
この記事は約15分で読めます。

こんにちは!齋藤ありさ(@butterflypencil)です。

今回はwebライターとして仕事を始めるなら、せひ読んでほしいと思う本などを紹介します。

 

webライターは、誰でも比較的簡単にスタートすることができる仕事です。

しかし、決して「簡単に稼げる」というものではありません

 

読み手に何をどう伝えるのか…、WebならSEOも意識しなければならないなど、求められるスキルはかなりあると思います。

求められるライターになるためには、専門書などを参考にすると良いですよ。

もちろんこの知識はブログ運営にも活かせます。

 

この記事の内容

  • ライティング初心者の取り組み方から学ぶ本
  • 現役ライターも実践!ライティングに悩まないスキルを学ぶ本
  • ワンランク上のライターになるために役立つ本
Arisa
Arisa

webライター2年目、主婦をしながら月収8万は安定して稼ぐ私が解説します。

 

最後までお読みいただければ、Webライターになりたいけれど知識不足が不安という方がチャンスをつかむきっかけになります。

 

私がおすすめするライティングを学ぶ本

私が実際に読んで、参考にしている本を紹介します。

 

はじめはライターの知識で何が必要かさえ分からなくないですか?

Arisa
Arisa

私も分からず「webライターとは」から検索して、評判のいいものを手に取ってみたという感じでした。

近所の書店ではあまり数がなく、電子書籍版サンプルを見て選びます。

 

また他の現役ライターの方がおすすめしている本はやはり気になり、いろいろチェックしました。

その中で、私が特に魅力を感じた本を紹介していきます。

 

何をどこから?webライターになるための基本を網羅

「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」

 

これはwebライターとしての仕事全般について書かれています。

ライティングについての知識も入ってはいますが、情報としては少ないかな?

 

webライターとして仕事を受ける方法や、取り組み方など月20万円以上を安定して稼げるライターになるためのロードマップと思ってください。

 

全くの初心者から、フリーのライターを目指す人は、一度読んでおくと良いでしょう。

Arisa
Arisa

私もつまづいた時は読みかえして初心に戻っていますよ。

 

 

魅力ある記事を書くためのトレーニングマニュアル

「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」

 

毎月3000本以上の記事が更新されるという「ナタリー」。

そんなナタリーのライターはどのように記事を書いているのか、どうやって量産しているのか気になりませんか?

 

 

Arisa
Arisa

この本はナタリーのライターが実践するトレーニングを学べる一般向けの内容になっています。

 

悩まず書く秘訣は準備にあり!そしてその準備とは何か、どのように整えるのか…

しっかり網羅されているので、一度は実践してほしい内容です。

 

このトレーニングからスタートし、自分なりのプロセスを完成させるのもあり!

web記事、ブログ記事だけでなく、報告書や企画書といったさまざまな部分で活かせるスキルを学べます。

 

 

SEOを知って求められる記事を多くの人へ

「沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘〈SEOのためのライティング教本〉」

 

webサイト集客に大きな影響があるSEOの知識を、分かりやすく学べる入門書です。

「SEOって何?」というレベルからでも、SEOライティングを身に付けることができるのが魅力!

600ページ以上とかなりのボリュームがありますが、マンガ形式のストーリーで描かれているので、思いのほかあっという間に読めますよ。

 

Arisa
Arisa

多くの方が絶賛している本ですが、私はこのタイトルや登場人物のキャラクターに苦手意識があり、正直、買うのは迷いました。

でも、読んで本当に良かったし、絶賛される理由がわかりますよ。

SEO知識に関する書籍はかなりの数がありますが、いい具合にかみ砕かれているのでダントツで分かりやすいです。

 

 

タイトルや見出しの魅力を上げる

「100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300」

 

ライティングの基礎知識を学び、実践を重ねていけばスキルはどんどん上がっていくでしょう。

しかし、「タイトル」や「見出し」を付けることが苦手という方は非常に多いです。

Arisa
Arisa

実は私もその一人。ブログのタイトルを魅力的にしたくて、最近手にしました。

 

内容がどんなに優れていても、魅力に感じるタイトルがついていなければ注目されず、読まれることがないなんて事態は悲しいですよね。

 

注目される単語とその使い方、言い回しなどの例が載っており、実践使用におすすめです。

 

基本的に読むというよりは辞書のようにワードを探して当てはめるという使い方でしょう。

 

単純な単語が並んでいるのですが、自分では意外と思いつかないワードや言い回しが発見できるので、タイトル付けに悩まなくなったという意見も多数。

 

 

私が今気になる、手元に置きたい本

Arisa
Arisa

ここからは私が今後手に入れたいと考えている本を紹介します。

多くの人が絶賛していたり、クライアントから勧められることが多かったものですね。

なぜまだ持ってないの?

Arisa
Arisa

はい…大人の事情ということにしておいてください。

まだしがない主婦ライターですので…(笑)

見出しの「型」を学ぶ、世界的名著

「ザ・コピーライティング」

 

あの「メンタリストDaiGo」脱帽!
「価格の10倍以上の価値がある。」
「この本には、
言葉だけで、文章だけで、
人の心をわしづかみにし、
動かす方法が書かれています。」

出版社コメントより

このコメントを読んだだけで魅力を感じませんか?

コピーライティングに関する本が多くある中で、ポイントを整理しまとめられた素晴らしい内容と絶賛されています。

 

Arisa
Arisa

コピーライティングの重要性やその役割についてもしっかり考えることができるそう。

 

記事やタイトルに限らず、注目され実績に結びつけるプレゼン資料や企画書などでも活かせる内容になっているようです。

400ページ以上ありますので、じっくり読むにはどのくらいかかるかな?

 

 

漢字?ひらがな?正しい使い方を知る

「記者ハンドブック」

 

web上だけでなく、新聞や雑誌など、文字の表記がある程度統一されていることをご存じですか?

このワードは漢字ではなく「ひらがな」で表記するのが望ましいなどですね。

 

Arisa
Arisa

送り仮名や同音異義語の使い分けなど、文章を書いていると分からないことはたくさんあります。

難しく、正確に書こうというのであれば辞書を引けば解決するかもしれません。

 

多くの人の目に触れる記事の役割は「伝えること」

伝わりやすい表現のためには、どれが最適なのかを見つけられる文章を書く人のための辞書といえば分かりやすいでしょうか?

 

本格的に文章を書く仕事をするなら、持っていると良いとおすすめされた本です。

 

 

まとめ:学ぶ+実践するでスキルは上がる

webライターであり、ブログ運営など個人事業をしている私が、実際に読んでためになった本を紹介しました。

 

記事の内容を振り返ると…

  • webライターのスタートは「強化書」
  • 悩まない執筆スキルは「ナタリー式」
  • SEOライティングなら「沈黙のSEO」
  • 魅力的なワードを探したいなら「バズる単語300」
  • 他にも良書・必携本は多くある

 

 

この本を読めば、全くの初心者でも安定した収入を得るためのライティングスキルを身に付けられます。

記事以外にも活かすことができるので、Webライター、ブログ運営者以外にもおすすめですよ。

ぜひ、一度手に取ってみてくださいね。

きっと読む前と後での大きな変化を感じられるでしょう。