子どものお小遣いをポイント制にして自主性を育む方法を考えよう

Childcare
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、齋藤ありさ(@butterflypencil)です。

今回は「お小遣いをポイント制(対価制)にする」具体的方法について紹介します。

 

前回の記事で子どものお小遣いについて考え始めた人もいるのではないでしょうか?

合ったシステムを作ると言っても、メリット・デメリットを考えるとなかなか難しいかもしれません。

 

そんな時はさまざまなパターンを参考にしてみるといいですよ。

この記事の内容

  • ポイント制お小遣いのメリットとデメリット
  • デメリットを克服する方法のアイディアはある?
  • 齋藤家のシステムはどんな感じ?
Arisa
Arisa

年中の娘にポイント制を導入している齋藤家代表の私が解説します。

 

対価制のデメリットを軽減する方法を加味して決めているので、ポイント制に興味はあるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

子供のお小遣いをポイント制にするメリット

海外では無条件で子供にお小遣いを与えることは珍しいそうです。

 

今まで定額のお小遣いを渡してきた場合は、今から対価制に切り替えるのは難しいかもしれません。

 

しかし、子供のお小遣いをポイント制にするメリットは大きいです。

働く意味や大変さを理解しやすい

「働いてお金を稼ぐことで生活できる」ということを、子供のうちから「当たり前」に感じることができます。

 

社会に出れば働いてお金を手にするのは当たり前の仕組みですね。

 

しかし、子供のうちは無条件でお金をもらい自由に使えたのに、突然働くことが条件になることについていけない場合もあると言います。

学生のうちからバイトをするなど、お金を稼ぐ経験をしておく方が良いといわれるのはそんな理由があります。

 

Arisa
Arisa

お金を得る仕組みを頭で知っても、経験の有無でお金に対する価値観も違ってくるでしょう。

お金の大切さを理解し、使い方を考えるようになる

お金を稼ぐことは決して楽ではなく、頑張って手にしたお金を無駄にしたくないという気持ちも芽生えるでしょう。

 

無条件で受け取るお金は、それで一定期間生活するためのやりくりを学ぶことはできます。

しかし、使い方に失敗しても「また次に貰ったらやり直せばいい」というような安易なものに結びつくかもしれませんよね?

 

それはお金を捨てるも同然のことなのですが、自分で頑張って手にしたお金を捨てることはまずできないでしょう。

主婦ママさん
主婦ママさん

無駄になんてしたくないわけです。

 

きちんと考えて納得した上で使う習慣と、無駄にしない気持ちを育んでくれますよ。

ポイント制=対価制はデメリットも多い?

無条件でお小遣いを渡すお小遣い制もメリット・デメリットがありますが、どちらかといえば対価制の方が気になる部分が多いかもしれません。

 

ポイント制にする場合、気になる部分を見てみましょう。

ポイントにならないことはしなくなる?

「ポイント(お金)が貰えるから行動する」という考えになる可能性は心配ですよね。

 

例えばお手伝い。

本来は「家族が大変だからする」「自分にも関係あることだからする」という考えで、助け合いの気持ちからするのが望ましいでしょう。

 

Arisa
Arisa

しかし、帰省先などポイントがもらえないような場面で、することに価値を感じなくなったら…。

 

道で困っている人がいても、自分に得がなければ見て見ぬふりすることが平気になってしまったら悲しいですよね。

貰ったらすぐに使う=で管理能力が身に付かない?

その日の行動で得たお金は翌日全額使ってしまっても、また行動すればすぐにお金がもらえます

将来的にそのような使い方で生活が成り立つとは言えませんよね。

 

一定金額を一定期間でやりくりして生活する。時に臨時出費に対応する

そういった能力も身に付けてほしいと思うでしょう。

 

もちろん、毎日受け取ってもきちんと残して置ける性格の子はいますが、それは家族の感覚や家庭環境にも関係する部分があります。

子供のお小遣いで自主性を育むポイント

デメリットも多い対価制ですが、やり方を工夫することで子供の自主性を育むことはできます。

 

自主性を育むポイントはそれぞれに相性がありますし、やっているうちに別の方法が浮かぶ可能性もあります。

 

Arisa
Arisa

今の時点で、我が家が導入している方法を紹介します。

心を育てる。感謝の気持ちや褒めることを忘れずに

ポイントが発生する行動に対しても褒めること、感謝することを欠かさないようにしています。

 

ポイントのために「お勉強する」、「お手伝いする」ではなく、自分のための「勉強」であって、助けるための「お手伝い」であることを理解してほしいのです。

 

今まで知らなかったことを知れたことは「子供にとっても有益」であることを伝えます。

Arisa
Arisa

勉強したところを「知らないフリ」して聞いて答えた時は尊敬して見せるという具合です。

 

お手伝いしてくれたことで「こんな風に助かったよ」と話してお礼を言うと、娘は大体「良かった。また困ったらいつでも言って」といってくれます。

 

注意すべきことといえば「大人が楽をするためにポイントを付ける」という意識は絶対に持たないこと

それでは「人助け」とは違いますよね。

給料日?一定期間の成果をまとめて受け取る日を決める

一定期間を決めて、その間に貯めたポイントをまとめて換金して渡すシステムです。

 

毎回渡してしまうと、買い物に行くたびに何か買って使い切ってしまい、目的のおまけつきまで到達できないですからね。

 

まだ年中ですし、なかなか換金されないとモチベーションも維持できませんので、今は2週間単位で渡しています。

ここはきっとそれぞれに合った期間がありますので、試しながら決めていくと良いでしょう。

 

2週間あれば一定額貯まりますし、買い物に連れていくタイミング的にも「頑張ればほしいものが買える」くらいにはなります。

 

Arisa
Arisa

もう少し、お金の価値や数字が分かるようになれば、管理も娘にさせたいと思っていますが、今は私が専用の財布で管理しています。

行いが見てわかる。表やカードを活用しよう

今、どのくらいのポイントが貯まっているか子供が見ても分かるように、我が家ではポイント手帳を使用しています。

 

最初は別のシステムだったので長く使えるようと買ったノートを使用しているからですが、今後は壁に貼る表やカードにするかもしれません。

 

表ならノートを開かなくても分かりますし、カードは自分で何かを管理する力を付ける一歩になるかな?とも考えていますよ。

 

1ポイント1枚のシールを貼っているのですが、やった項目によって色を変えています。

今は1ポイント10円。

1日30円+特に頑張った時のボーナス10円の最大40円貯まる仕組みです。

 

Arisa
Arisa

ボーナスはなかなかつかないので、最大で月1000円くらい。

 

相場がどのくらいかわからないですが、いづれは単価を上げることになるでしょう。

子供が楽しみながら取り組める方法を作り上げよう

我が家のポイント制度を紹介しました。

内容を振り返ると…

  • ポイント制は「お金の大切さ」を学ぶのにぴったり
  • 感謝の気持ちや褒める行動で心も伸ばせば心配は少ない
  • 毎回渡すより、「給料日設定」することで管理能力も期待できる
  • 努力の見える化でモチベーションも保てる

ポイント制のお小遣いは子供が稼ぐこと、貯めること、使うことを楽しめることが大切です。

 

試しているうちに相性も分かりますし、試行錯誤をしながら、その都度改善しながらなど、オリジナルのシステムを作るのも何気に楽しいですよ。

 

ポイント投資を導入しているご家庭もあるなど、お金の教育はさまざまですね。

子供も含めて話して、少しずつ導入してみてはいかがでしょうか?