「親子貯金」始めました

おはにちばんは!今日もがむしゃらに私らしく♫ありんこさんです。

 

子供の「欲しいもの」を与える基準や、お小遣いはどうしていますか?

 

  • 欲しいというものを何でも買い与えるわけにはいかないし、何も与えないわけにもいかない…。
  • 金銭感覚を学ぶ意味でもお小遣いや給料制(!?)を導入しても、欲しいものが高額だとで手に入れるのはいつの話??なんて思いませんか?
  • 「ほしい!」の他にも「行きたい!」「食べたい!」といった願いをすべて叶えるのも無理!

 

ありんこさん
私もそれに悩んでいますが、夫婦の価値観の違いもあり、完璧な答えは見つかりません。

 

そんな我が家は現在「固定」と「努力」で2種類のお小遣い制度を導入しています。

 

そのお小遣いから「親子貯金」を始めました!

親子貯金って何??と思うかもしれないですが、一言でいえば「お楽しみ貯金」です。

詳しくお話しますね♫

 

2種類のお小遣いって何??

2種類のお小遣いは、実際にはお小遣いお給料かもしれません。

 

決まった日に一定額を無条件で渡す「お小遣い」と自身の努力や結果によって増減する「お給料」です。

 

お小遣いは?

夫の給料日を娘のお小遣い日にして一定金額を渡しています。

 

我が家は子供が欲しがるものも買い与えない主義で、誕生日の予算も厳しめ…おやつも手作りや家族みんなで食べるものという感じ。

 

とはいえ、娘も欲しいものはあるし、市販のお菓子だって食べたいですよね。

そういう時には自分のお金で買うという約束をしています。

ありんこさん
娘はガムや知育菓子が好きなんだよね。

 

お給料は??

1ヶ月締めでお手伝いやお勉強の継続など、努力や貢献度に応じてお金を渡しています。

 

以前はそれぞれに単価を決めていたのですが、単価が高いものだけを選んで行い、低いこと嫌いなことはやらないことも多く…。

制限なしにしてしまうと家計的な打撃も…(笑)

 

ということで今はすべて同じ単価で1日の上限を決めました。

本当に頑張った時や1ヶ月トータルで見て頑張ったと思うときは、ボーナスをつけることもありますよ。

 

親子貯金って何?

親と子が一緒に目標貯金することです。

 

「親子」と言っても厳密には「母(私)」と「子(娘)」の二人です。

ありんこさん
「父」は本当に時々、小銭を寄付してくれるくらいかな。

 

目標貯金の内容は??

たとえば「クリスマスツリーを買う」など、しっかりした目標を決めることもあります。

しかし、大体は娘と二人で出かけた時に「気兼ねなく楽しむお金」として蓄えています。

 

ありんこさん
暑いから某アイスショップのアイス食べたい〜!とか限定イベントに参加したい!といった時用です。

 

なぜ貯金??

子供が欲しがるものなど「買い与えない主義」は、親にも適応されていますし、「久々に外出した時くらい…」という甘えは夫が許しません。

 

だからといって収入合算管理の我が家では「内緒で」が通らないのです。

ありんこさん
出かける日に「今日は何を買う」まで相談しておくのは面倒だし、思いつきで…に対応できないわけで…。

 

子供らしい興味や希望をすべて我慢させたくないですが、全部お小遣いで賄えというのは酷…。

「食べたい」に関しては「ママも一緒に!」が条件の娘ですので、娘に奢ってもらうわけにもいきません。

 

そこで夫に提案し了承させたのが親子貯金です。

ありんこさん
興味のないものでも、仲間外れ感が出てしまったり、躊躇いなく使ったりすることが夫としては嫌なようです。

 

親子貯金のお金はどこから??

娘は自分のお小遣いから自分の判断で貯金しています。

ありんこさん
お小遣い余ってるからお給料は丸々!から1円も入れない月も…。
私は1ヶ月の食費や日用品の予算が残ったら、その分を入れることを了承してもらっています。
もちろん、残すために無理な節約をすることは禁止で、食費など必要な部分にはきちんとかけることが条件です。

 

ありんこさん
支払い積立など細かく振り分けているため、この項目の予算に余裕はなく残すのは至難の業ですが…。

 

他には私が個人で管理している結婚前からの貯金から出ることも…。大金を持ってるわけではないので、全額出してあげる余裕まではない。

 

あとは先に書いたように夫からの寄付が少しという感じ!
ありんこさん
まだまだ私個人からのお金が多いですが、娘より少なくなるようでも困りますよね(笑)

※我が家の家計制度

私達夫婦にお小遣い制度はなく「基本的に」必要なものは何でも生活費から購入することになっています。その代わり贅沢品は基本買わないし、大きい買い物は相談して決めるわけです。
ありんこさん
だからお互いに絶対納得されない個人のものや内緒のものは自分のお金から!って感じ。(原資は運用で得ています)

 

夫の財布は個人のお金なので、そこから支出した医療費などの現金は月末にまとめて渡す形で戻します。

私も同じですが財布は家計のお金なので楽天での買い物やPayPay払いなど私の個人口座から引き落とされる支払いをしたときのみの対応です。

親子貯金のメリット

何より「親子貯金から楽しもう!!」と言えるようになり、気持ちが楽になりました。

そして、「今度○○行きたいから貯めよう!」という意欲も親子で増しています。

 

先にお話した通り、娘にはお給料制度もあるのでモチベーションにも繋がっている気がしますよ!

ありんこさん
お小遣いを持ってても買い物など一人ではいけないので、ママも巻き込んで!!は娘にもメリットなよう。
明確に「何かをする」ということがなくても、貯金しておくことで思い立った時、予定さえ合えばすぐ行動できるのも嬉しいです。
「私達が何かしらの努力をしたお金」だから夫に遠慮する必要もないですしね。
ありんこさん
私も多少収入はあるし、家事や子供のことはワンオペ。本当は文句言われる覚えないんだけどね。(笑)

 

まとめ

娘はまだ小1なのでシビア過ぎて可哀想になることも多いです。

しかし、金銭感覚は早いうちから身につけて損はないかな?と思っています。

 

ありんこさん
お金は貯めることも大切ですが、意味のある使い方を知ることはもっと大切ではないでしょうか?

 

私は「お金を使ってはいけない」という感覚で育ったので、楽しみより貯金を優先する「お金の使い方を知らない」タイプでした。

 

貯金はもちろん大切ですし、使えばいいというものではありません。

しかし、お金は使ってこそ価値があるもの。

「投資」だってそうですよね?

 

お金の正しい使い方を知って、こころの安定を保つことで意外なところが変わることもあるかもしれません。

 

今回のパターンは我が家の場合ですが、実際に家族で思い切り楽しむための予算を積み立てている家庭も多いので、参考にしてみてください。

 

ありんこさん
「貯めるものは貯める」「使うときは使う」のメリハリを大切にしていきましょう♫