【私のマインド】「自信」 その意味は…

arisa
この記事は約2分で読めます。

自己肯定感が非常に低く、なんとも生きづらい人生を歩んできた私。

でも、カウンセリングや様々なプラスの経験から、大きく変わって「幸せ」と思えるようになりました。

まだまだオールオッケーではありません。

でもいつかそんな日を迎えられるように私らしく生きていきたい。

そんな私が出会った言葉や得たこと、今のマインドなどを綴っていきます。

「自信がない」

よくその言葉を口にしてた。

自己肯定感低めの典型である私にとって、何かに行き詰まった時の常套句の1つ。

でも、「自信」の意味を聞いた時、私の生き方の癖は好転へと動き始める。

今まで意味なんて気にしたことはなかった。

「自信」は自信でしかなくて、人より誇れるものややり遂げる可能性について問い、答えるための言葉として疑わなかった。

だから
「私にはできる気がしない」
「私なんかでは成功しない」

そんな気持ちを込めて

「自信がない」と口にしていたのだから。

でも、ある時聞いた意味。

「自信」は「自分を信じる」という意味。

「自信がない」=「自分を信じられない」ということだと…。

ああ、そうか…。

世の中は必ず失敗と成功があって、競い比べられるのが当たり前…

だから、「自分を信じること」よりも「誰よりも優秀になること」が重要にすり変わったんだ。

きっとその事に気づけない人は少なくない。

自分が自分を信じられないのに、周りに存在する自分以外の「他人」が、自分を信じてくれるわけがないよね?

自信を持って堂々としている人って言うのは、いつでも自分を信じているんだな。

私も自分を信じてみよう。

私だって、何も変わらない同じ人間なのだし、得意不得意の範疇はあれど、何も持たないなんてことは

「きっとない」

自分が自分を信じて、本当の自分、自分の好き、自分の得意、自分にしかないもの…

探してみればいいじゃない。

何も同じでなくていい。

逆に全く同じがあってもいい。

組み合わせたら自分は唯一無二の存在であるのは確か。

それを知ったら、きっと自分を誇れる、信じられる。

ひとつの気付きの積み重ねが、いつかの自分を変えてくれるはず。

「自信は自分を信じること」