魂が移る!?お箸の処分の仕方って知ってる?清めることで土に返そう

LIFE
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!小林紗由です。

紗由
紗由

お箸の処分の仕方って知ってますか?

えーっと可燃?不燃?そこによるよね?

いえいえ…そういう話ではなくお箸は清めて捨てたほうがいいってお話ですね。

有沙
有沙

私も断捨離とか風水とかやってるうちに意識するようになって気になるように…

この記事の内容

  • お箸には捨て方があるって本当?
  • 正しく捨てないとどうなるの?
  • お箸を処分する際にすることを紹介
  • お箸に限らず捨て方を意識しよう

こんな内容をお届けしようと思います。

 

最後までお読みいただければ、ものに対する愛着を深めると同時に執着を断ち切り、新しい一歩を踏み出せるきっかけになるかもしれません。

お箸はそのまま捨てて良い??

お箸をそのまま捨てるのは良くないそうです。

実はお箸には使った人の魂が移ると言われているので、そのまま捨てると魂を失うも同然ということをイメージできますね。

もちろんこれは昔からの云われであって、信じない人にとっては何でもないことではないでしょうか?

紗由
紗由

実は私も数年前まではそうだったんだ〜。でも日々変わっていった感じ。

食べ物は生き物が生きるために必要なもの。

そんな食べ物を口に運ぶものがお箸であり、自分の手と同じ用に自在に動かすものである…ということを考えると、確かに特別なものの気がしてきませんか?

実際にそう言われるようになったのは語源に関係があるようです。

有沙
有沙

昔は箸の代わりに木の枝を使うこともあったそう。

その際、魂が宿ったであろう枝をそのまま捨て、それが悪戯されることで穢れ、魂の持ち主に災いが降りかかると言われるようになったとか…。

だからきちんと魂を抜いてから処分する必要があるということです。

お箸の正しい捨て方は?

お箸には捨て方というものがあるようです。

1度でも使うと魂が宿ると言われているので、割りばしなど普段使う箸以外にもいえることなのだそうです。

箸に宿った魂をきちんと抜いて本人の元へ返し、処分するための方法を紹介します。

折って捨てる

箸の種類を問わず、処分する際は二つに折ってから捨てます。

意識の有無は別として、自然にしている方も多いのではないでしょうか?

有沙
有沙

昔コンビニで働いてたけど、お弁当のゴミとして出てる割り箸が折られてるのは良くみたよ🎵

折ることで魂が持ち主の元へ返り、もとの素材に戻るのだそう。

無事に自然に帰ってくれるようですね。

紙に包んで捨てる

白い紙に包んで捨てるだけでも大丈夫です。

お箸は丈夫で割りばしですら縦には割れても、横に割るのは大変ではありませんか?

有沙
有沙

家庭で使っているものを割るとなると相当な力が要りますし、結構危険もあります。

そんな時は白い紙に包んで見えなくして捨てる方が簡単で安全ですよね。

紙はこだわる必要もなく、コピー用紙などなんでもいいそうですよ。

加えていうならきちんと清め、感謝の気持ちを忘れずに行うと良いですね。

お箸を包んで捨てる手順

  1. 白い紙の上にお箸をおく
  2. 感謝の気持ちを込めて塩をふり、清める
  3. 紙でお箸を丁寧に包む
  4. ゴミ回収に出す場合は他のゴミに埋もれないよう、上に乗せて出す。

塩はお清めようの塩、粗塩など天然のものを使用しましょう。

箸供養をしてもらう

神社で箸供養というものが行われているところがあり、そこで供養をお願いする方法もあります。

毎年8月4日の語呂に合わせた「はしの日」に行われることが多く、通年ではないので機会を逃してしまいそうですが、特に思い入れの深いお箸の処分には検討したくなりますね。

紗由
紗由

近くでも行われる可能性がありますし、郵送などで受け付けてくれる場合もあるのでチェックしてみてください。

お箸に限らず、処分時はひと手間を…

どんなものでも形あるものは、いつか必ず壊れると言われていますね。

中には新しいものでも、派手に壊れることもあると思います。

壊れたものは単純に不良品だった…という可能性は否めないですが、考え方によっては「身代わりになってくれた」と考えることもできるんです。

有沙
有沙

私、その経験から考え方が変わったからお話するね。

齋藤有沙の経験談

夫が車関連のことで不運が続いた時期がありました。

あまりに続くので心配になって、パワーストーンを選んでお守りとして贈るとそれは数日で壊れました…。

有沙
有沙

私もずっとそこのものを使っているのですが、一度も壊れたことはありませんし、お守りだからと特別丈夫に作って貰ったんですが…

でもそれ以降、不運がパタリとなくなりました。

偶然かもしれません。でも身代わりとして不運を持ち去ってくれた可能性も否定できないと思うようになった出来事でした。

なんだって壊れる意味がある

自分を映す鏡が割れることも、普段使っているお茶碗やお箸が壊れることも…

有沙
有沙

人に直接触れるものが、前触れなく壊れることは全てにおいて意味があるとさえ思います。

「寿命だったんだ」「不具合があったんだ」「古かったから仕方がない」

そう簡単に片づけることはできますし、未練もなくすっぱり処分できるのは良いことです。

ただ、どんなものでもその存在に意味があって、最後までその役割をこなしているもの…。

紗由
紗由

それを使い、無意識の中でも恩恵を受けてきたことも確かなことだからこそ、物にも感謝する気持ちが大切なんだと思いせんか?

処分したものも、いつか巡り巡って再びこの手に戻ってくるかもしれない…

だからこそ、また良い出会いをするために良い別れをしようという考えです。

まとめ:モノにも感謝して運気アップ

お箸の処分方法について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

内容を振り返ると…

  • 一度でも使うとお箸には魂が宿る
  • 処分する場合は二つに折ってから
  • 折るのが大変な場合は感謝して白い紙に包んで
  • 供養祭を行う神社も要チェック!
  • 巡り巡るもの、一つ一つに感謝すると見えるものがある

断捨離という言葉も有名になりましたが、ただ捨てる…ではないですよね。

自分を見つめ、物に感謝し…いろいろなものの見え方が変わってくる…

壊れて処分する、不要だから処分する…どんな理由であれ、処分はスタートの意味もあることをお忘れなく!

本当にびっくりするくらい、意識で人生変わりますので試してみてくださいね。