歯磨きを嫌がるわけは?仕上げ磨きを楽しむコツをご紹介

Childcare
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、齋藤ありさ(@butterflypencil)です。

今回は私と娘の虫歯予防のチャレンジについて紹介します。

 

子供の歯が虫歯にならないように、歯が生えると予防に取り組み始めますよね。

私の娘は「エナメル質形成不全」なので、本当に厳しく指導されました。

Arisa
Arisa

考えすぎて一時期ノイローゼ気味になったほどです。

 

虫歯予防には「楽しんで取り組めること」を重視するといいですよ。

この記事の内容

  • 子どもが歯磨きを嫌がる理由を知ろう
  • 歯磨きを楽しめるようになるステップ
Arisa
Arisa

重度のエナメル質形成不全で虫歯予防を徹底する必要があった娘と共に試行錯誤をした私が解説します。

 

最後までお読みいただければ、歯磨き嫌いの子どものことを少し理解することができ、楽しむ方法を考えることで虫歯予防のストレスを軽減することができます。

虫歯予防の基本はやっぱり歯磨き!

虫歯予防といえば、やはり一番は「歯磨きをしっかりすること」ですよね。

 

その上で、食べ方の習慣や質を気を付けることが必要です。

 

「食べたら磨く」をていねいにすることで、リスクはかなり減るそう。

 

 

子供が歯磨きを嫌がる理由

子供って歯磨きを嫌がる場合が多いですよね。

歯が生え始める時期は、話して分かることでもなければ、子供自身が理由を伝えることができません。

 

「歯磨きしなきゃ!」と必死な親と、嫌がって泣き暴れる子供のバトルは決して珍しくないでしょう。

暴れる子供を抑えながら歯磨きをしても、ていねいにできなくありませんか?

 

まずは「子供が歯磨きを嫌がる理由」を考えてみましょう。

口の中に異物が入ることに慣れない

小さい子供にとって「歯ブラシ」など、口に入るものは異物なんですよね。

 

積極的に口に入れて感覚などを確かめる反面、固くてとげとげしたブラシの感覚は警戒する気がしませんか?

Arisa
Arisa

それを無理矢理入れられたら、恐怖感が芽生えてしまうかもしれません。

 

感覚になれて「安全性」を自分で知ることも必要と言われています。

 

歯固めと歯ブラシの中間的な商品もありますので、それから始めて自由に触ったり口に入れたりさせてみましょう。

歯ブラシが当たって痛い

子供の口の中は大人に比べて敏感なのだそうです。

 

いきなりブラシを入れられたらびっくりしますし、痛いかもしれません。

特に上の歯茎と唇を繋ぐ「上唇小帯」という部分に当たると、かなり痛いようです。

主婦ママさん
主婦ママさん

育児本などにも書いてありますし、検診の時などに指導された方もいるのではないでしょうか?

 

大人の場合、上唇小帯はかなり上の方になっていますし、歯磨きで当たることもまずないので、意識したことってなくないですか?

生まれて歯が生えるまでは、歯茎とくっついていて、歯が生え成長するにしたがって上に上がっていくのだそうですよ。

 

子供と大人の違いなので、上の歯を磨くときは意識してあげると良いですよね。

Arisa
Arisa

指で上唇小帯を隠すようにガードして磨いてあげてくださいね」と指導を受けましたよ。

磨く人の顔が怖い

大人の真剣な顔は子供にとって「怒っている顔」にも見えるようです。

Arisa
Arisa

磨く際、真剣過ぎて怖い顔になっていませんか?

私も無言で真剣に作業していると、いまだに娘に「怒ってる?」と言われますからね~。

 

主婦ママさん
主婦ママさん

真剣な顔って意外と指摘されないと気付かないものですよね。

 

「怖い顔+慣れない歯ブラシ」で「何するの?」と不安になるので、余計に「嫌」なのではないでしょうか。

 

雰囲気から「怖くない環境」を作ることは大切ですよね。

歯磨きを楽しむためのステップ

歯磨きを嫌がる原因となり得ることを少し挙げてみました。

私が保健師さん、歯科衛生士さんなどに言われたことと、話すようになった娘から聞いたことがもとになっています。

 

それに対する方法を考えて、実際に上手くいったので、うちの娘の場合の理由はこれだったのは間違いないでしょうね。

Arisa
Arisa

この原因に対して、「歯磨き嫌い」を克服するために私がとった行動を紹介します。

1.イメージトレーニング

「歯磨きは怖くない」というイメージトレーニングから始めましょう。

 

興味・関心が強い部分があり、大人の真似をしてみることがありませんか?

 

お人形などを使って歯磨きの真似をするところから始めるのがおすすめです。

子供が興味を持てば、自由にやらせてみるのも良いですよね。

 

歯磨きをイメージできるDVDや本もありますし、いろいろ試してみてください。

歯の生え始めの頃はまだ難しいですが、繰り返し見せることで意識していくようになりますよ。

 

パパ・ママがお互いに磨き合いする姿を見せることも。

子供と同じように「お膝にゴロン」で上手に歯磨きする姿は結構、興味を示します。

夫婦・親子のスキンシップにもなりますし、余裕があればぜひ!

2.歯ブラシを口に入れる

歯が生える少し前くらいから、口の中に指を入れる、ガーゼで拭う練習を始めましょう。

 

乳歯の生え始めはガーゼで拭うだけでいいと言いますが、突然ではやはり嫌がる場合も…。

主婦ママさん
主婦ママさん

先に慣らしておくとスムーズだと思います。

 

少し話しましたが歯ブラシ型の歯固めから始め、短めの歯ブラシに変えるなどして、歯ブラシの毛の感覚に慣らしていきます。

 

誰かに入れられるより、自分のペースで触ったり口に入れてかじってみたりすることが慣れるポイントです。

 

Arisa
Arisa

危険がないように注視しつつ、歯ブラシが使えなくなることは気にせず、自由に触らせるようにしてみてください。

3.笑顔いっぱいニコニコチャレンジ

真剣になってしまうと固まりやすいですが、意識して笑顔にしましょう。

Arisa
Arisa

実際に歯磨きをする場合は、「笑顔」が大切ですよ!

 

無言だとどうしても表情も真剣に戻りがちなので、子供の好きな歌を歌うなどしてみてはいかがでしょうか??

Arisa
Arisa

私も最初は歯磨きタイムなのに「犬のおまわりさん」を歌ってました。

ご機嫌な娘を見ると、こっちも笑顔になりますし…。

 

とにかく、磨く人が笑顔になれて、子供も穏やかな気持ちになれる方法を探してみてください。

4.追いかけっこのバイキン退治

歯磨きが「義務的」な感覚になってきたら、今度は「楽しい時間」に変えていきたいですよね。

 

Arisa
Arisa

ここはかなり苦戦はしたのですが、一番うまくいったのは「追いかけっこ&かくれんぼ」設定です。

 

まだ意味は分からなかったと思いますが、私が大げさなくらい楽しんでやっていたので、娘も楽しかったのでしょうね。

今でも時々、仕上げ磨きの際に要望されます。

 

お口の中にバイキンが1匹いる設定で始める、逃げ回るバイキンを歯ブラシで追いかけるわけです。

「待て待て~!!捕まえ~…あ!!逃げた!!こっちだ待て待て!!」って感じですね。

 

フロス使用を薦められていたので、最後はバイキンかくれんぼで「ここかな~?みーつけた!あ、逃げた~!」を必要数繰り返します。

 

最後はちゃんと捕まえた!で終わることが大切

Arisa
Arisa

子供もしっかり褒めましょう。

 

きちんと磨くためにしたこと

  • 同じで飽きないように磨く順番のコースをいくつか用意しておく
  • 時に変顔も交えてみる
  • 力加減に注意する
  • 口の開きが小さくなったら、バイキン退治のために子供を応援する
  • 見えにくい・磨きにくい場所は指で補助してしっかりと

 

口をゆすげるようになってからは、流した水にバイバイして「ピカピカ」を自慢するようになりました。

5.ご褒美タイム

 

主婦ママさん
主婦ママさん

歯磨き後のご褒美については、かなり賛否が分かれますね。

Arisa
Arisa

よく言われるのが、歯磨き後に与えるキシリトールおやつでしょうか?

 

商品キャッチにも「歯磨きのご褒美に!」的なことが書いてあるものもありますし、どうしても子供が嫌がりご褒美で釣れる感じなら、悪いことではないと思います。

 

特に「虫歯菌を減らす」「歯を強くする」とうたっているような製品なら、期待してしまう部分もありますしね。

これは決して「必須」ということではありません

 

歯磨き後に食べて良いものダメなものの区別を説明するのも大変だし、私は「与えない」を徹底しています。

 

代わりに追いかけっこ歯磨きテンションで思い切り遊ぶなど、行動的なご褒美にしていました。

 

 

まとめ:歯磨きを親も楽しもう

子供に歯磨きを少しでも楽しんでもらうための方法を紹介しました。

内容を振り返ると…

  • 歯磨き嫌いは痛い、怖いなどの原因がある場合も。
  • 歯ブラシに慣れることから少しずつ始める。
  • 歌や設定を利用して楽しく取り組める雰囲気を作ろう。

 

エナメル質形成不全で予防はしっかり!と言われながら、かなり歯磨き拒否が激しく毎回噛みつかれていた生後6か月から8か月ごろ…。

Arisa
Arisa

結構メンタル的に落ちていた時期も多かったのですが、やはり子供のため…。

 

一生を考えると、「いやいや義務で」より「義務を楽しむ」方がいい気がして、いろいろ試した結果です。

 

子供の歯磨きを自分も一緒に楽しむことで「ちゃんと磨かなきゃ!」のプレッシャーも和らいで、ストレスも軽くなりますよ。

 

肩の力を抜いて、なんでも楽しんじゃおう精神って悪くないのではないでしょうか?

Arisa
Arisa

すぐにOKにならなくても、何かしら方法はあるはずですし、良かったら私の方法も試してみてくださいね。