【在宅ワーカー必見】クラウドソーシングのメリットと直接契約の注意

WORK
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、齋藤ありさ(@butterflypencil)です。

 

在宅ワークをする際、お仕事を獲得するために営業活動をしますよね。

 

Arisa
Arisa

そんなとき、クラウドソーシングサービスは非常に便利だと思います。

 

しかし、手数料が引かれるため手取り額が減ることに不満を感じている人は多いようです。

 

今回はそんなクラウドソーシングのメリット・デメリットと直接契約についてお話ししたいと思います。

 

 

クラウドソーシングの特徴

 

クラウドソーシングサービスは、受け取る報酬から手数料を支払う形で利用するものが多く、最初の持ち出し費用は必要ありません

 

在宅ワークを始めようと思った時に気軽にスタートできるので、万が一挫折してしまった場合の損失も少ないでしょう。

 

しかし、本格的にお仕事を受注するようになると、いろいろ気になるポイントも出てくるかもしれません。

 

メリットとデメリットに分けてお話ししていきます。

 

 

メリット

 

  • 本人確認や評価システムがあるため、信頼度が一目でわかる
  • 仮払いシステムで報酬未払いない
  • 直接連絡が取れなくなった場合など、運営側が連絡を代行してくれる
  • 資格認定やスキルアップ講座を開講している場合もあり、利用しやすい
  • スカウトシステムで営業しなくても声を掛けられる場合もある

 

主婦ママさん
主婦ママさん

クラウドソーシングは個人情報を直接開示しなくてもお仕事をすることができます。

 

きちんとした契約書を作成したり、秘密保持契約をする場合、支払い調書の発行を受ける場合などは情報が開示されますが、それもサイトが間に入ってくれるので、安心感が違います。

 

特に特別な契約が必要ない案件でも、サイト側が本人確認をしている相手なら信頼度も高くなりますね。

 

今までお仕事をした方々が付ける評価やコメントも、お仕事に応募する、契約する際の大きなポイントになりますし、怪しい案件は回避しやすいです。

 

クライアントさんと一定期間連絡が取れず困る場合も、サイトが代行して連絡をしてくれて、それでも反応がない場合は適切な対処をしてくれるのも安心です。

 

Arisa
Arisa

私も納品後、報酬支払がされず連絡も取れなくなった際、サービス運営者が対応し仮払金を支払ってくれたことがあります。

 

デメリット

 

  • 報酬が比較的低い
  • 報酬から手数料が天引きされる
  • 換金する際の振込手数料が別でかかる
  • クライアントさんと会う機会はまずない

 

クラウドソーシングは直接契約に比べ単価が低い場合が多く、極端に安い募集もありますので、注意する必要があります。

 

Arisa
Arisa

安い案件から手数料を引かれたら、本当に受け取る金額は悲しいものになってしまうでしょう。

 

また、本人確認されているクライアントさんであっても、実際に会うことはまずないですので、相手の人柄を知ることはできません。

 

サイトを利用してコミュニケーション能力を上げることは難しいのではないでしょうか。

 

 

直接契約にリスクはある?対策は?

 

クラウドソーシングは安心してお仕事をできる分、報酬が安いという印象があります。

 

そこへ手数料も引かれるとなると、経験を積み単価を高くする自信がある在宅ワーカーにとっては不満を感じるかもしれません。

 

クラウドソーシングサービスから切り替えるほか、自身のブログやSNSから案件を募集・受注するなど直接契約をする方法があります。

 

もちろん、仲介を通さない分、リスクはありますので注意と覚悟で臨みましょう。

 

全てが自己責任。誰も代わってはくれない

 

直接契約はサービスを通さず、クライアントさんと自分とで直接交渉・納得・同意した上でお仕事をすることになります。

 

安定した企業との契約であれば特に問題はないかもしれません。

 

しかし、サイト内のシステムを利用してやり取りするわけではありませんので、直接やオンラインで面談・ミーティングする場合もあります。

 

その場合、文字でのやりとりとは違ったコミュニケーション能力が求められますね。

 

また、担当者と相性が悪いなどもよく聞く話です。

 

断るにもサイトから「辞退」「中断」すればいいということでもなく、直接連絡する必要があるでしょう。

 

ただ「辞めます!」で済む案件ばかりとも限りませんし、それが原因で何かトラブルに発展しても責任は自分で取らなければなりませんよね。

 

報酬未払いも少なくない

 

実は報酬の未払いは一番多く聞くトラブルです。

 

Arisa
Arisa

私もWebライターを始めて1年ほどですが、直接契約したうちの4割に踏み倒されています。

 

法人だしメディアも大きく安定しているものも含まれているので、結構ショックは大きいです。

 

だから未だにクラウドソーシングに頼ることの方が多くなっています。

 

もちろんこちらから訴え出ることは可能ですが、はっきり言ってそんなに大きな仕事ではないので、費用の方が掛かりそう…。

 

いろいろ手間を考えると結局泣き寝入りになってしまうので、考えが浅はかだったな…と感じるわけです。

 

最初から支払うことに責任を感じないまま、直接契約を誘ってくるクライアントさんもいると聞きますので、気を付けましょうね。

 

きちんとした企業でも、担当者の怠慢から連絡が取れなくなって未払いというケースもあるそうです。

 

再三連絡すると、企業の第三者から連絡が来て解決したという場合もありますし、フリーでお仕事をする人を下に見ている方はいて、面倒な話になると返信がなくなるとの声も…

 

受注側も発注側も実際に立場は平等です。

 

こちらだけが「お仕事をいただいている」と下になる必要はないし、「お仕事してあげている」という感覚も私は嫌です。

 

それ以外の部分も含めて、多くの関わりがあって成り立っているのが世の中ではありませんか?

 

 

Arisa
Arisa

お仕事を依頼してくれるから私は稼げるし、私のお仕事を活かしてくれるから企業も動く。

 

そんな相互関係であるべきではないでしょうか?

 

 

上下関係のしがらみから離れたいとフリーになることを目指す人も多い世界で、「平等と思えない相手とはお仕事はしない」くらいの気持ちは持っていていいと思いますよ。

 

リスクを理解して、良い在宅ワークをしよう

 

クラウドソーシングのメリット・デメリット、直接契約の注意について解説しました。

 

サービスだけを利用するか、直接契約に絞って本格的に事業をするか…。

両方を上手く使い分ける方法もありますね。

 

主婦ママさん
主婦ママさん

主婦の在宅ワークなら、収入は少なくともリスクが少なく融通も利きやすいサービス利用がおすすめです。

 

独立して収入の軸を一本に絞ろうと思うなら、収入額そのものを増やすのは重要なポイントです。

 

直接契約する場合の自分の方針やトラブル発生時の対応について、先に決めてから始めると良いのではないでしょうか?

 

Arisa
Arisa

自分らしい在宅ワークが実現できるように、日々、研究・努力していきたいですね。