防災対策!?全く考えていなかった「眼鏡の保管」と「緊急時の備え」

LIFE
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、小林紗由です。

紗由
紗由

皆さんは寝る時、眼鏡はどこに置いていますか?

先日、関東近辺で地震が発生しましたが、その時にふと思いました。

私は裸眼1.2なので運転もそのまま問題がありません。

しかし、夫は0.02以下の乱視あり。眼鏡なしで運転は認められていません。

視力が弱いとどんな見え方をするのか、想像でしか無いのですが、もし必要な時に眼鏡が使えなかったら…と思いました。

記事の内容

  • 眼鏡はどこに置いている?
  • 災害対策してる?
  • 万が一を考えた対策

こんな内容を考えてみました。防災の中で意外と抜け落ちてしまいがちな部分かもしれないと思ったので、最後までお読みいただければきっと役に立つでしょう。

眼鏡はどこに置いている?

フォロワーさんに聞いたところ、「枕元」という意見が大半でした。

大体の方は、サイドテーブルなどに定位置を作って置くようにしているようで、起きたらすぐに手に取れるようです。

有沙
有沙

普段から眼鏡を日常的に使う人は寝て起きての一連に入っているのかな?

中には夫と同じタイプも方も!

夫は家では眼鏡を外していることがほとんどです。

事務作業や何かを見る時など、必要に応じて眼鏡をかけるので、大体は頭の上かテーブルの上に置いてあり…。

紗由
紗由

眼鏡どこやったっけ?って結構聞かれるけど、老眼鏡じゃなくてもそれあるんだね(笑)

寝るときも寝室までかけていく必要がないので、1階のリビングに置いていきます。

朝起きて、仕事に行く前にかけるという感じなので、必須アイテム!という感覚ではなさそう。

有沙
有沙

この話、普段はコンタクト使用の方にも言えるよね。

同じだと答えてくれたフォロワーさんたちは「意識低いですよね」と自虐してました。(全然そんなことないですよ!気づきが大切!)

災害時を考えてみた。

寝る時に手元に眼鏡を置かない場合、夜中に地震など災害が発生した場合に困るのではないか…という話。

先日の地震の時、私達はもう寝てましたので、会社からの緊急メール連絡を確認するのが大変そうでした。

有沙
有沙

立場上、やりとりは1回じゃなさそうだもんね。

特に被害がなかったので、リビングに戻って対応したのですが…

もし被害が甚大だったら?

大きな揺れで眼鏡が、置いたはずの場所になかったり、何かの下敷きになって壊れたりしたら…

停電して真っ暗な中、探すことも懐中電灯の明かりを頼りに進むことも、視力が弱い場合とても困難なのでは…

紗由
紗由

夫に「眼鏡なしで見えてるの?」と聞いたら、「感覚で生きてる男なんだ」と言われました。

感覚で生きれたとしても、運転は認められないし、やっぱり見えないより見えた方がいいことは多いでしょう。

災害時となると、どんな人だって困難が伴うものなので尚更のことではないかと思います。

普段はコンタクトという方も注意!

普段、コンタクト使用で眼鏡をあまり使わないという方は、どこに保管してますか?

有沙
有沙

きちんとしまってあるという方も多いのではないでしょうか。その場合も災害時の困難は同じになるのではないかと思いました。

災害時となるとコンタクトの衛生管理も大変になりそうですし、1日使い捨てタイプ以外を使ってる場合は、そのあたりも考えておく必要がありそうです。

防災対策としてできること

普段から眼鏡をそばに置くようにするのが一番安心でしょう。

すぐに掛けることで役割をきちんと果たせますよね。

紗由
紗由

とは言っても本当に災害級になるとそんな余裕はないのも事実。可能なら…だよね。

そして、非常持ち出し袋に予備を入れることも大切です。

防災用品の一つということですね。

普段から使っておく

予備用とは言っても普段使っていない物を使うのはデメリットもありますよね。

使っているうちに馴染んで来るものもあるので、同じものならいいということでもありません。

普段からローテーションしながら使うなど、慣らしておくようにしましょう。

有沙
有沙

いつの間にか度が変わって合わないということも防げますね。

コンタクトも使用期限に注意

災害時は衛生管理が難しくなるので、眼鏡の方がいいかもしれません。

でも、どうしても、、眼鏡は嫌だという話も結構聞きます。

そうなると1日使い捨てタイプを選びたいですね。

これもできれば普段から使っているものがいいと思います。

紗由
紗由

使用期限もありますので、定期的なチェックも忘れずに!

こんな意見もありました!

スマホのカメラ機能を自分の目の代わりとして使う」というお話をいただきました。

スマホにはライトの昨日もあるし、カメラで拡大することもできます。

情報収集にも連絡手段にも、スマホは絶対に死守したいと思うので、それを目の代わりに使うというのはアイディアだと思いました!

有沙
有沙

スマホはバッテリー命になってくるので、予備のバッテリーも必須ですね。

眼鏡以外にも必要なモノを確認

普段から眼鏡等使用の方に向けて、いつも無意識レベルで使っている眼鏡などを外したタイミングでの災害を想定したお話をしていますが、老眼鏡や補聴器も同じですよね。

他にもきっと沢山ありますし、それは個人で違うと思います。

紗由
紗由

夫の様子を見なければ眼鏡なんて想像しなかったよ。

普段飲んだり使ったりしている薬と同じように、1日の中で数回使うもの、必要なものを流れを通して書き出してみましょう。

女性用品だって必要頻度や内容は違いますもんね。

有沙
有沙

「当たり前」が「当たり前じゃなくなる」それが災害とも言えるんだよね。

例えば感染対策

今、みんな当たり前のようにしているマスク…

地震で外に逃げる判断をした時、冷静にマスクできるかと言ったらできなくないですか?

紗由
紗由

避難先で少し落ち着いた時、ふと「マスク!」と思うかもしれません。

防災用品の中にマスクを入れている方は多いと思いますが、リストの中に入っている理由は決して「今の感染症対策」のためではなく、防塵などの目的のためでした。

もしリストになかったら、入れていましたか?消毒用アルコールは入っていますか?

そんな感じの意識で、絶対に必要だけど対策漏れしているものは無いか、みんなで確認してみましょう。

車の中に置いておくのも手かも

紗由
紗由

夫は予備の眼鏡を車の中に置いています。

もちろん災害時、車の鍵が持ち出せなかったり、破損してドアが開かないなどあったら意味がありませんが、家に置いておくだけが備えでは無いですよね。

ハイブリットを含む電気自動車のエネルギーを災害時に使用できるように進んで来ています。

有沙
有沙

在宅避難に車を使うなら、最低限の防災用品を備えておいてもいいかもしれません。

まとめ:必要なものはそれぞれ違う

眼鏡を外したタイミングで災害にあったら…を想定してお話しましたがいかがだったでしょうか?

内容を振り返ると…

  • 眼鏡の予備も非常持ち出し袋に入れよう
  • 普段使わないものの必要性を意識しよう
  • 当たり前過ぎて忘れがちなものに注意!
  • 定期的なチェックを忘れずに!

私のように眼鏡は不要だけれど、絶対に欠かせないものがあるという方も多いと思います。

自分には関係ないと思わずに、細かく身につけるもの、使うものを意識して必要な対策を整えておきたいですね。