【資格取得】FP2級試験終了。

Culture
この記事は約10分で読めます。
Arisa
Arisa

こんにちは!齋藤有沙です(^^♪

決意表明していましたFP試験を無事に終えたのでその報告です。

流行している感染症の影響で、緊急事態宣言や外出自粛要請が出る中なので、正直1月試験は悩みました。

でも、受けて良かったと思っているし、応援してくださった方々への感謝を伝えるべく書いていきます。

この記事の内容は…

  • 2021年1月試験の手ごたえは?傾向なども紹介
  • 実際に勉強してみて3級との違いを語る
  • 1月試験を迷った理由と決めた理由
  • 今後の活かし方
Arisa
Arisa

内容としておもしろいかわからないですが、私の記録として書いておきます。

 

 

 

最後までお読みいただければ、私が一度挫折した後の再チャレンジをやり遂げたことを知ってもらえると思います(^^♪

 

2021年1月試験はぶっちゃけどうだった!?

私が受験したFP2級試験は2021年1月24日(日)に行われました。

群馬県在住の私の試験会場は「共愛学園(前橋国際大学)」で、3級受験時と同じだったのは良かったかな?

FP試験は「FP協会」と「きんざい」という二つの団体が行いますが私はFP協会です。

午前が学科120分、休憩を挟んで午後は実技90分で行われます。

 

試験の内容は…

Twitterなどの意見を見ていると「難しかった」という意見が多くありましたね。

過去問をひたすら解くだけで、詳細を理解していない状態では解けないのでは?という印象。

試験後の問題考察の記事を見ても、難問が入っていたということですが、全体のレベルを見れば普通なのだとか…。

理屈が分からないとダメなタイプの私は、なんだかんだ言いながら解いた感じですね。

2級学科

Arisa
Arisa

正直、かなり焦り「これはダメかも?」と途中でため息も出ました。

なんて言ったらいいかな?

過去問では必要な情報だけが並べられそれに対する内容に正誤を付けるというタイプなのに対し、一覧の中から必要な情報を自分で拾わなければならない

それだけの違いで結構負担は大きいのです。

 

  • この問題を解くのに必要な情報はどれだっけ?
  • 必要な情報はどこに書いてあるの?

もうこの二つだけでパニック(笑)

 

また、確かに分野ではあるものの、「詳しくは見てないわ~」という内容の問題が出て後悔したり、決して身近ではない(知ろうとしないと知れないような)時事問題が出たり…。

とはいっても全体的に差が大きく、過去問に忠実な分野が半分以上だったかな?

私にとっての得意分野が過去問に忠実だったので自信を持って答えられたものの、苦手な分野はもしや全滅?なんて思いましたし、覚え違いや凡ミスがあったら落ちるかも?と不安になりました。

2級実技

実技は全体的に過去問に忠実な印象でした。

中には学科と同じように傾向を変えて情報を拾う必要があるものがあったり、0の数でミスを狙ってないか?と思う(思い込み!)問題もあったりしました。

今回は学科であまり電卓を使う問題が出なかったのですが、実技は何回電卓叩いたかな?

 

Arisa
Arisa

90分ですが2週目が終わらず、回答を書き直す前に終了になってしまう凡ミスをやらかした私です。しかも2問…。

しかし、勘で答えた問題も未回答も出さずに済みましたし、私としては手ごたえ十分ですね(^^♪

全体として…

 

しっかり勉強していた方は6割得点は取れたのではないでしょうか?

最新法令は試験で出題されても1~2問程度なので全体を学習していれば落としても合格点に大きく影響するものではないと思います。

しかし、今回は前日に「一応…」程度の気持ちでチェックしていたので、その問題も取ることができました。

何となくでも改正部分を見てくのは必要ですね。

特に自信の無くなる問題が多い中では、かなり希望になりました。

 

2級を受験して3級との違いを語ろう

Arisa
Arisa

3級を取得してから数年経っていて、今回は3級を一切見ずに学んだため、どう違うかわかりませんでしたが…

 

試験を終えて何となく3級の問題を見た時に、そのレベルの差に驚きました。

 

学科

3級は1つの文章がありその正誤を答える問題が30問、穴埋め的な3択が30問です。

しかし2級の文章が4つあり、その中で適切・不適切な解説になっているもの1つを選択するものがほとんどです。

理解が進まないうちは正しいのは1つだけにも関わらず、他の3つのどこが間違っているかわからないなんてことも多く…。

単純に選択肢が倍になっているのではなく、文章が4倍なので読んで情報を解析する労力は倍以上でしょう。

実技

実技も3級20問に対し2級40問で時間は30分しか追加されていないので、解き方に迷う余裕はあまりありません。

筆記試験ですが選択問題もあり、3級は3択、2級は4択ですね。

答えを導き出すために確認する部分が3級では1つで良いように作られているのに対して、2級は無調整の状態で出され、複数のポイントを加味する必要があるなど内容にも深みが増します。

問題を解く情報としてついている資料の量も倍なので、必要な情報を見つける、見落とさないようにするのも2級では重要なのだな…と思ってます。

 

全体

2級・3級の問題を見比べて思うのですが、厚みが違う(笑)

文章や情報の量の違いが一目でわかりますね。

3級が比較的身近な部分を浅めに触れるのに対し、2級はさらに広く深く学ぶ必要があるのは確かです。

FPが学ぶ全体の分野それぞれを深く身に付ける資格が各士業になりますが、FP1級はどのレベルまで学ぶ必要があるのか、正直怖いです。

Arisa
Arisa

しかし2級を受験した後で自分の3級問題を解いたら、満点取れましたよ🎵

3級、点数あまり良くなかったので自分の知識が着実に増えたことを実感しました。

 

2021年1月試験は迷いました…

Arisa
Arisa

実は1月受検を迷ったタイミングは3回ありました。

①自信がなかった

 

余裕を持って6月から勉強を始めていた私でしたが、苦手分野に躓きモチベーションが下がってしまい勉強をしなかった時期があります。

11月になって受検申請が近づいたとき、あまりの自信のなさに「やめようか」「5月にしようか」と悩みツイートしたこともありました。

しかし、大々的に宣言しましたし、「3級受かってるんだからまだ間に合う」とコメントをいただいたことで「ダメ元で受ける」決意をしました。

 

②感染症予防の観点

ご存じの通り、某感染症の流行により緊急事態宣言や地域独自の要請が出ていますよね。

だからこそ直前までFP試験の中止を求める声、受検辞退者への返金を求める声が上がっていました。

こんな中だから感染対策はしっかりしているだろう…と思っていたものの、前回試験では特に目立った対策はなく、密の状態だった…ということを知り悩みました。(実際に今回も密でした)

試験会場には駐車場の用意がなく、公共交通機関を使うように求められています。(送迎も禁止)

県内に複数の会場が用意されている場合、家から一番近い会場なら移動時間も少なく外部に触れる時間も減りますが、「一番近い会場の前を通って試験場に向かう」という話は多く聞かれました。

実は私もそうです。距離は倍、時間は3倍になりかねない場所です。

もし、試験を受けに行って感染してしまったら…という不安がよぎりました。

夫も子供もいますし、私から家族、園や職場に広めたら…は恐怖でしかなく回避しないのは無責任ではないか…と。

Arisa
Arisa

でも自己都合では受験料返金対応は発表されなかったので、8700円を捨てる覚悟が必要でした。

夫は接客の仕事をしていますので「仕事の方がリスクが高い。しっかり予防すれば大丈夫。せっかく勉強しまくったんだから!」と辞退に反対。

娘の「頑張って!」の手紙に打たれて受検することにしました。

 

③天気

この日…1週間前くらいの時点で予報が雪になりました。

一時的に雨予報になった時もあったのですが、結局「大雪・積雪の可能性」となってしまい…。

当日は電車は使いたくないし、会場の最寄り駅周辺のコインパーキングに車を停めて行く計画をしていたのですが、我が家は夫の通勤車しかタイヤは交換しません。

娘は徒歩通ですし、私は在宅…雪などで動けない時は予報を見て早めに準備さえすれば基本的に車を出す必要はありませんからね。

雪が多い場所でもなく一冬で1回降るか降らないか程度だし、受験日にピンポイントで雪って相当の確率ではないでしょうか?

それにあたってしまう私は相当の雨(雪?)女ですよね。

夫も仕事(しかも早朝出勤)のため、さあどうしよう…となりタクシーも考えたものの近隣の評判の悪さと料金を考えてやめ…

Arisa
Arisa

これだけ問題ばかりだと「受けるな」と言われている気分になるよね

 

前日夜に雪が降り始め、庭に積もりだしたのを見た時には泣きそうでした…。

結局夫を早朝職場に送り、その足で娘を実家にお願いし会場へ…。

幸い、大雪ということはなく一部凍結程度、問題なくいくことができたので良かったかな?

終わって娘を迎えに行き、その足で今度は夫を迎えに行くというスケジュールをこなしました。

もう気力が尽きてフラフラ(笑)試験の自信もないし、速報を見る時間もなくて泣きそうに。

朝の食器さえ洗えなかったのに、帰ってご飯作ってる自分が空しかったり…労わってくれ夫よ…。

 

受検して良かった

悩みに悩んだけど、結果として受検して良かったと思っています。

受験日から1週間経ったけど、体調に問題はなく恐らくは感染は大丈夫かな?と思い、このタイミングでブログを書いたわけです。

合否の発表は3月5日ですが、速報による自己採点では学科・実技共に合格していると思われます。マークミス、記入ミス、ダブルチェックしたから大丈夫でしょう。

 

7か月間の受験生期間を終えて…

過ぎて見れば7か月あっという間で、最後の2か月ほどは1日中勉強していたほど…

そんな日々が過ぎてまだ1週間とは思えないほど、時間が長く感じています。

追われる日々だったから、ちょっとロス感が強いですね。

 

FP2級を取得してどうするのか

AFP登録をすることにしました。

正直、AFPの登録をしたからといって目立って有利に動くような仕事をしているわけではありません。

登録料、年会費、維持するための研修費用など結構な金額がかかってくるため、2級技能士の資格だけ取ってAFP登録するつもりはなかったのです。

しかし、真剣に学習しそれぞれの分野を面白いと思うようになったと同時に「極めたい」という気持ちも芽生えてしまって…。

将来的に1級も取得したいと本気で考えるようになりました。

1級を受験するための資格は私の場合、CFP試験を受ける道になりますし最低条件としてAFPに登録する必要があります。

(知識の問題を除いても会場が県外ということもあり今の世間の状態を考えて今年は無理ですが)

FPライターとして仕事をしていくことを目指すなら、協会から提供される情報を随時チェックするのは有益なことですし、費用はその投資としてみることにしたわけです。

このブログでも、子育て主婦目線の金融記事など書けるようになっていきたいと思っています。

 

今後の目標は…

仕事の関係もありますし、多くのおすすめの声をもらったこともあり、「簿記」の勉強を始めることにしました。

全く触れたことのない分野なのではっきりは決めていないのですが「3級」は絶対に取得します。

そして内容が合うようであれば2級も学びたいと思います。

とにかく勉強の習慣を失いたくないし、学ぶことの楽しさは年齢関係なく私にあるようです。

 

まとめ

FP2級試験を受けた話について書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

内容を振り返ると…

  • 過去問と傾向が少し違ったが、極端に難しい問題ばかりではなかった
  • 2級と3級の試験労力の違いは大きいが深い知識を得られるのは楽しい
  • さまざまな苦難で受験を迷ったが、諦めずに努力て受けて本当に良かった
  • 学ぶ楽しさを再確認して、さらに上や専門性といった目標ができた
Arisa
Arisa

長くなってしまったのでここで終わりますが、次回はFPを学ぶメリットなどを新たな目線で書いていきますのでお楽しみに!

 

大変な時代ではありますが、自宅で気軽に学ぶ方法もありますし、知って得する学びも多くあります。

2021年は「興味はあるけど…」と思うことにぜひチャレンジしてみてくださいね(^^♪

きっと新しい自分を発見できますよ( *´艸`)